Ender-3 V2 3D Printerの特徴をまとめる!

本サイトでは、価格と機能のバランスで「Ender-3 V2 3D Printer」を購入しました。Ender-3 V2 3D Printerの特徴をまとめたいと思います。

価格

「Ender-3 V2 3D Printer」は、5万円以下で購入できる比較的手頃な価格のプリンターです。本サイトでは、2021年10月末にAmazonで4万円程度で購入することができました。

製品仕様

製品仕様は、以下のとおりです。

印刷機能の仕様

モデリング テクノロジー: FDM(Fused Deposition Modeling)
印刷サイズ:220x220x250mm
フィラメント:PLA/TPU/PETG
ワーキングモード:オンラインorSDカードオフライン
対応OS:MAC/WindowsXP/7/8/10
フィラメント直径:1.75mm
スライスソフト:Simplify3d/Cura

ハードウェアの仕様

マシンサイズ:475x470x620mm
製品重量:7.8KG
パッケージ重量:9.6KG
パワーサプライ:インプットAC 115V/230V、アウトプットDC 24V 270W

印刷物に関する仕様

レイヤーの厚み: 0.1-0.4mm
印刷精度:±0.1mm
ホットベッドの温度:≦100°

選択の理由

「Ender-3 V2 3D Printer」の選択理由は以下のとおりです。

  • 価格が手頃:5万円以下
  • 印刷制度が高い:0.1mm
  • 利用者が多い:カスタマイズなどの情報が豊富

おわりに

組み立ては必要ですが、価格が手頃で印刷精度のよい製品とインターネット等での情報が得やすい製品とのことで、「Ender-3 V2 3D Printer」を選んでみました。

参考