Microsoft Office 2019を永続ライセンスで使用する!

Microsoft Officeは、Officeスイートとしてデファクトスタンダードとして使用され続けています。最近では、オンラインバージョンが発売されるようになって、PCにインストールして使用するのは今風でない感じもしますが、常に最新版を使用する必要がなければ料金面でもメリットがないわけではありません。Microsoft Office 2019を永続ライセンスで使用する場合について調べてみました。

Microsoft Office 2019の製品ラインナップ

Microsoft Office 2019の製品ラインナップは、以下の3種類です。すべての製品で、同一ユーザーが使用する 2 台の PCで使用できます。

  • Office Home & Business 2019(Word、Excel、Outlook、PowerPoint)
  • Office Professional 2019(Word、Excel、Outlook、PowerPoint、Publisher、Access)
  • Office Personal 2019(Word、Excel、Outlook)
  • Microsoft Office 2019の購入

    Microsoft Office 2019のインストールは、Microsoftのホームページからのダウンロードになるため、Microsoftアカウントが必要になります。本稿では、Amazonで購入しましたが、Amazonで購入した場合でもMicrosoftのアカウントが必要になります。

    Microsoft Office 2019のダウンロードとインストール

    Microsoftのサイトで、ダウンロードのキーを入力してインストール用のモジュールをダウンロード後、そのモジュールを起動してインストールを行います。インストールはオンラインで行われます。

    Microsoft Office 2019のライセンス認証

    Microsoft Officeのアプリケーションを起動すると、ライセンス認証の画面が表示されます。画面に従って、Microsoftアカウントでログイン認証してライセンスの認証を行うと、Microsoft Officeの各製品が使用できるようになります。

    インストール用モジュールのダウンロードの注意点

    インストール用のモジュールダウンロード時に、Microsoft側から使用しているOSや言語を自動で調査するため、インストール用のモジュールのダウンロードは、OfficeをインストールするPC上で行ったほうがよいです。※例えば、Linux上でダウンロードすると、英語バージョンのインストール用のモジュールが選択されることがあります。その場合は、Microsoftアカウントの設定画面で言語環境を変更すれば、日本語版をダウンロードしなおすことができます。

    おわりに

    過去のバージョンと異なるのは、Microsoft Officeのインストール用モジュールをダウンロードおよびライセンス認証するために、Microsoftアカウントが必要になることです。IDはメールアドレスになるので、どのメールアドレスを使用するか検討しておきましょう。

    参考

    Microsoft Office 2019(広告)

    ※Microsoft直販より、Amazonで購入するほうが若干安くなることがあります。

    Office Personal 2019

    Office Home & Business 2019

    Office Professional 2019

    Microsoft Office 365 Solo(オンライン版)