Googleアプリで花や植物の名前を調べる!(Google Lens)

人工知能の機能を使用して様々なものが識別できるようになってきました。GoogleアプリのGoogle Lensの機能を使用すると様々なものを識別して関連する情報を表示することができます。本稿では、花や植物の名前を調べてみつことにしました。

紹介するアプリ(Android、iOS)

Googleが提供している「Google」あるいは「Google アシスタント」というアプリです。大半のAndroid端末には、インストール済みと思います。Google Lensというアプリをインストールして使用することもできます。

Google Lensの機能の起動

Googleアプリ(Googleアシスタント)から「Google Lens」の機能を呼び出します。Googleのアプリを起動したら「最新情報」を選びます。

少しわかりづらいですが、マイクの左側にある「Google Lens」のアイコンを選ぶと、「Google Lens」の機能が呼び出されます。

花や植物を識別させる!

「Google Lens」の機能が呼び出されると、カメラ機能が呼び出されるので調べたい対象に向けて「虫眼鏡」のマークをタップします。実際に花に向けて試してみると以下のように、正しく「ハルジオン」が認識されました!

次に、植物で試してみました。第一候補がススキですが、正しくは第三候補のチガヤだと思います。(カメラの向け方がよくなかったかも)

写真からの識別

撮影済みの写真から識別させることもできます。「Google Lens」の最上部にる写真のマークをタップすると撮影済みの写真から調べることができます。

注意点

使い慣れてくると様々な場所で試したくなるでしょう。しかし、山深い場所など電波の入らないオフラインの状態では、リアルタイムに調べることができません。その場合は、とりあえず写真に撮って、後で調べることにしましょう。

おわりに

「Google Lens」の機能で、様々なものを識別させることができます。間違って似ているものに識別される可能性もありますが、候補がいくつか示されるので、よく見比べることで正解にたどり着くこともあります。「Google Lens」を使用すれば辞典がなくても名前を調べることができるので、街歩きや旅行など楽しくなること間違いないでしょう。