データを読めなくしてDVD(DVD-R)を廃棄する!

光学ディスク(DVD-R)は1度しか書き込みができないので、物理的にデータを読めなくして廃棄します。光学ディスク用のシュレッダーを利用する方法もありますが、通常いくつかの断片にカットするだけなので、カッターと万能ハサミで入念に読めなくします。

準備

・カッター(刃が長いもの)
・紙やすり
・普通のはさみ

手順

使用したDVD-R

カッターの刃をDVD-Rの面の張り合わせの部分に差し込みます。簡単に入ります!

更に刃を入れていきます。

刃を入れながら回します。刃渡りが長い必要があります。

きれいに表面と裏面をはがすことができました。

紙やすりで記録面を読み取りできなくします。

更に、はさみでカットしました。これで、安心して燃えるごみにだすことができる状態になりました。

おわりに

DVD-Rををシュレッダーなしで廃棄できる状態にすることができました!情報漏えいの可能性をかなり下げることができたので、自治体のルールに従ってごみに出すことができます。

記事一覧