ピックアップ
Kindleの読書環境はAmazonのアカウントサービスで整える!

Kindleで書籍を読む場合は、Kindle端末やKindleアプリほとんどの作業を行うことができますが、Amazonのアカウントサービスを使用したほうが作業しやすいこともあります。

Amazonのアカウントサービスでできること

Amazonのアカウントサービスでできることを整理します。

「コンテンツとアカウントの管理」の「コンテンツ」でできること

Amazonのアカウントサービスの「コンテンツとアカウントの管理」の「コンテンツ」では、以下の作業を行うことができます。

  • Kindleの書籍の端末へ「配信」
  • 「読んだ本としてマーク」あるいは「未読の本としてマーク」する。
  • ダウンロードしてUSB経由で転送
  • 最後に読んだページを削除
  • この本の利用を終了
  • Kindle Cloude Readerで「今すぐ読む」
  • コレクションに追加

「コンテンツとアカウントの管理」の「端末」でできること

Amazonのアカウントサービスの「コンテンツとアカウントの管理」の「端末」では、以下の作業を行うことができます。

  • Amazonデバイスの登録の削除
  • デバイスに登録されているAmazonアプリの登録の削除

「コンテンツとアカウントの管理」の「設定」でできること

Amazonのアカウントサービスの「コンテンツとアカウントの管理」の「設定」では、以下の作業を行うことができます。

  • Kindle Unlimitedの設定
  • パーソナルドキュメント設定(Send-to-Kindle Eメールアドレスの設定 )

「コンテンツとアカウントの管理」の「プライバシー設定」でできること

Amazonのアカウントサービスの「コンテンツとアカウントの管理」の「プライバシー設定」では、以下の作業を行うことができます。

  • 各Amazonデバイスのプライバシー設定の変更

おわりに

Kindle端末やKindleアプリでは作業しにくい内容が、Amazonのアカウントサービスでできるようになっています。Amazonのアカウントサービスを使用して利用しやすいKindle環境を整えましょう。

スポンサーリンク