ブラックの缶コーヒーを楽しむ!(DOUTOR  BLACK ひのきわみ)

なぜ、ブラックの缶コーヒーに関心を持つようになったのかというと、尿酸値が高い場合の対策にコーヒーがよいとの情報があったからです。折角なので、好みのブラックの缶コーヒーを探してみることにしました。今回は、「DOUTOR BLACK ひのきわみ」です。

缶コーヒーを選んだポイントは?

最初に缶コーヒーを選ぶポイントを整理しておきます。

  • ブラックであること。・・・生活習慣病などの健康対策のため
  • 蓋付きであること。・・・香りを楽しむため
  • 香料をなるべく使用していないこと。・・・コーヒー自体を深く楽しむため

「DOUTOR BLACK ひのきわみ」の特徴は?

「DOUTOR BLACK ひのきわみ」のよいところは、名前の通り喫茶店のドトールでコーヒーを飲んでいるのと同じようなコーヒーのコクを楽しめることです。少し残念なのは、蓋の直径が小さいことです。蓋の直径が大きいサイズであれば、香りも楽しめたのではと思います。

「DOUTOR BLACK ひのきわみ」の成分を分析してみる!

「DOUTOR BLACK ひのきわみ」は、若干炭水化物が含まれていることが記載されていますが、カリウムやカフェインの量はわかりません。100mlあたりの栄養成分表示は以下のとおりです。内容量は260mlで、このボトルのサイズでは標準的です。

  • エネルギー:0kcal
  • タンパク質:0g
  • 脂質:0g
  • 炭水化物:0.7g(糖類0g)
  • 食塩相当量:0.05g
  • カリウム:記載なし
  • カフェイン:記載なし

「DOUTOR BLACK ひのきわみ」のエネルギーは?

気をつけないといけないのはエネルギーで、栄養表示基準では、100ml(g)当たりのエネルギーが5kcal未満の場合は「カロリーゼロ」や「エネルギー0Kcal」と表示してよいことになっています。ブラックでもコーヒーには、エネルギーがあります。炭水化物の量から計算すると最大で、0.7×(260÷100)×4kcal=7.28kcalになります。糖類なしなので、虫歯の心配はなさそうですが、心配な場合は口をゆすぐなどはしたほうがよいでしょう。

「DOUTOR BLACK ひのきわみ」の主観的評価は?

「DOUTOR BLACK ひのきわみ」の主観的評価をしてみたいと思います。

  • 本格度:高い
  • 香り:あまり感じない
  • 苦味:少しあり
  • 酸味:少ない
  • 後味:コクがある
  • おすすめの飲み方:喫茶店でコーヒーを飲んでいるようなコクを味わいたいときに!

おわりに

「DOUTOR BLACK ひのきわみ」は、喫茶店で飲んでいるようなコクを楽しめるコーヒーです。繰り返し飲んでも、飽きがこないで楽しめます。

補足

1日のカフェインの摂取量の上限は、400mgと言われています。この缶コーヒーのみで上限に達するのは難しいと思いますが、飲み過ぎには注意しましょう。

紹介した商品(広告)