AWS Certified Solutions Architect - Associate (SAA)受験記

AWS Certified Solutions Architect - Associate (SAA)を受験して合格したので受験記を書いてみたいと思います。

AWS Certified Solutions Architect - Associate (SAA)はどのような試験か?

AWS Certified Solutions Architect - Associate (SAA)は、アソシエイト(基礎コースの上位)に位置づけられる試験で、AWSでのソリューションの提案を行うための基本的な能力を問う試験になっており、AWSの認定試験の中核となる試験であると思います。

AWS Certified Solutions Architect - Associate (SAA)を通して身につけたいスキルは?

AWS Certified Solutions Architect - Associate (SAA)を通して身につけたいスキルをリストアップしたいと思います。

  • オンプレミスで稼働しているシステムの課題をAWSで解決する!
  • 既にAWSで稼働しているシステムの課題を解決する!(性能/可用性/セキュリティ/料金)

学習法

私が考える学習のポイントを、以下にまとめてみました。AWSのサービスを利用することで、課題を解決していく方法を整理していきます。

  • 一般的な課題を「Well-Architected Framework」で解決する!
  • 性能の問題を解決する!
  • 可用性を高める構成に変更する!
  • セキュリティ対策を行う!
  • 料金の問題を解決する!
  • オペレーションを自動化する!
  • 短期間で解決する!
  • アプリケーションの構成を工夫する!
  • AWSの新規サービスを活用する!

AWS Certified Cloud Practitioner(CLF-C01)の試験の学習で、サービスの内容をしっかり把握できていれば、新たな知識を覚えていく必要はないように思いました。改めて、サービス内容をしっかり把握して、どのサービスを選択して課題を解決していくのかという視点で、AWSのサービスの内容の理解を深めていくことが大切であると思います。

受験の感想!

私は、1回の受験で合格できたのですが、得点は合格ラインぎりぎりな感じでした。学習期間があまりなかったのですが、SEとしてインフラ設計の経験が長かったので、その知識を活かして回答を導き出して合格することができたと感じました。問題文は数行にわたることが多く、問題内容のシステム構成と解決したい課題をしっかりイメージする必要があります。用語を覚えるだけでは回答できない試験であると思いますが、反面、解決したい課題はある程度パターン化されるので、課題の解決パターンをしっかり覚えるという方法は、かなり有効だと思います。

おわりに

AWS Certified Solutions Architect - Associate (SAA)に合格したので、次は別のアソシエイトクラスの試験に挑戦してみたいと思います。