UbuntuよりCiscoのルータにコンソール接続する!

UbuntuよりCiscoのルータにコンソール接続してみます。

使用環境

  • Ubuntu 18.04 LTS Desktop
  • Cisco互換のコンソールケーブル(USB接続)
  • Cisco 891F

CiscoのルータのコンソールケーブルをUSB経由で接続する!

CiscoのルータのコンソールケーブルをUSB経由で接続します。dmesgで接続できたことを確認します。

$ dmesg
...
[129657.719853] usb 1-1.3: new full-speed USB device number 124 using xhci_hcd
[129657.951178] usb 1-1.3: New USB device found, idVendor=0403, idProduct=6001, bcdDevice= 6.00
[129657.951182] usb 1-1.3: New USB device strings: Mfr=1, Product=2, SerialNumber=3
[129657.951185] usb 1-1.3: Product: FT232R USB UART
[129657.951187] usb 1-1.3: Manufacturer: FTDI
[129657.951188] usb 1-1.3: SerialNumber: A9853UKI
[129657.992429] usbcore: registered new interface driver usbserial_generic
[129657.992660] usbserial: USB Serial support registered for generic
[129657.994868] usbcore: registered new interface driver ftdi_sio
[129657.994875] usbserial: USB Serial support registered for FTDI USB Serial Device
[129657.994914] ftdi_sio 1-1.3:1.0: FTDI USB Serial Device converter detected
[129657.994947] usb 1-1.3: Detected FT232RL
[129657.996166] usb 1-1.3: FTDI USB Serial Device converter now attached to ttyUSB0

デバイス「FT232RL」で認識され、デバイスファイル「ttyUSB0」に接続されたことがわかります。

cuコマンドをインストールする!

cuコマンドをインストールします。

$ sudo apt install cu

cuコマンドでシリアル接続する!

cuコマンドで接続してみます。

$ sudo cu -l ttyUSB0 -s 9600
cu: open (/dev/ttyUSB0): Permission denied
cu: ttyUSB0: Line in use

権限不足なので、chmodコマンドで権限を付与して、接続し直します。

$ ls -l /dev/ttyUSB0
crw-rw---- 1 root dialout 188, 0 Nov  1 09:37 /dev/ttyUSB0
$ ls -l /dev/ttyUSB0
crw-rw-rw- 1 root dialout 188, 0 Nov  1 09:37 /dev/ttyUSB0
$ cu -l ttyUSB0 -s 9600
Connected.

Enterキーを押すと、以下の通りルータのコンソールが表示されました。

Router>

cuコマンドの接続を終了する!

Router>~.

おわりに

Ciscoのルータにコンソール接続する方法としては、WindowsでTeraTermを使用するのが一般的と思いますが、Ubuntuからでも簡単に接続することができます。