WordPressサーバの運用

WordPressサイトで必要になる運用を整理します。

日々のアクセス状況の確認

Count per Dayの情報を確認して、アクセス状況に異変が起きていないか確認します。詳細な分析を行いたい場合は、Google Search ConsoleおよびGoogle Analyticsの情報を参照します。

お問い合わせの確認

サーバ上のメールを受信し、お問い合わせが発生していないか確認します。

WordPressサイトのバックアップとリストア

WordPressサイトのDBデータとファイルのバックアップを取得しておくことで、万が一の際に比較的容易にサイトを復旧させることできます。

DBのバックアップ

DBバックアップを取得し、gzipコマンドで圧縮します。

$ sudo mkdir -p /var/local/backup/wordpress
$ sudo chmod 777 /var/local/backup/wordpress
$ cd /var/local/backup/wordpress
$ mysqldump -u db01admin -h localhost -p db01 > ./db01_backup
$ gzip ./db01_backup

DBデータのリストア

DBをリストアします。

$ cd /var/local/backup/wordpress
$ gzip -d ./db01_backup
$ mysql -u db01admin -p db01 < ./db01_backup

ファイルのバックアップ

移行元でファイルをtarファイルにまとめ、gzipコマンドで圧縮します。

$ cd /var/www/html
$ tar -cvf /var/local/backup/wordpress/system.tar ./system
$ cd /var/local/backup/wordpress
$ gzip ./system.tar

ファイルのリストア

ファイルをリストアします。

$ cd /var/www/html
$ sudo cp /var/local/backup/wordpress/system.tar.gz .
$ sudo gzip -d ./system.tar
$ sudo tar -xvf ./system.tar
$ sudo chown -R apache:apache ./system

サーバ証明書の更新

サーバ証明書を更新します。Let’s encryptのサーバ証明書は有効期間3ヶ月です。CRONで週1回更新確認の要否を確認し自動更新を行うため、運用としては、電子証明書が自動更新されているか確認します。

パッチ適用等

WordPressや、テーマがバージョンアップされていない確認します。脆弱性が見つかった場合は、即時のバージョンアップを検討します。

おわりに

本稿では、WordPressサーバで必要となる運用について記載しました。的確な運用を行うことで、WordPressサーバの安定稼働を図ります。