WordPressサイトのアクセス分析

Webサイトを立ち上げるとサイトへの総アクセス数や、アクセス数の多い記事など知りたくなります。本稿では、WordPressのプラグイン「Count per Day」を使用してアクセスの概要を把握し、本格的なアクセス分析としては、「Google Search Console」と「Google Analytics」を使用します。

Count per Day(WordPressプラグイン)の利用

アクセス数を知るために本サイトで使用しているプラグインは、Count per Dayです。Count per Dayの良い所は、機能がシンプルなことです。アクセス数は、ダッシュボードで確認することができ、ウィジェットを使用すれば、アクセス数をホームページ上で公開することができます。

Google Search Consoleの利用

Google Search Consoleを使用すると、Googleのクローラによって収集された情報から、Googleが解析したサイトの情報を見ることができます。Google検索での表示され方などの参考情報でもあり、サイトの改善やアクセス数UPに役立ちます。

Google Search Consoleの利用の準備

Google Search Consoleを使用するためには、Googleのアカウントが必要です。サイトの管理用に用意したGoogleのアカウントを使用します。

Google Search Console利用までの流れ

Google Search Console使用の流れを示します。

  • Google Search Consoleにログイン
  • Google Search Consoleへのサイトの登録
  • ターゲットとする国の選択
  • 分析結果の確認

Google Search Consoleにログイン

サイト用の管理用に用意したGoogleのアカウントを使用して、Google Search Consoleにログインします。

Google Search Consoleへのサイトの登録

以下の手順で、Google Search Consoleにサイトを登録します。

  • 「プロパティを追加」ボタンをクリックして、サイトのURLを登録します。
  • HTML verification fileをダンロードします。
  • HTML verification fileをサイトのURLの直下に表示されるようにアップロードします。
  • HTML verification fileに対してアクセス確認を行います。

ターゲットとする国の選択

Googleに追加の情報を与えることで、Google検索で対象とする閲覧者にWebサイトのページが表示されやすくなります。本サイトでは、ターゲットとする国の選択を「日本」に設定しました。

分析結果の確認

Google Search Consoleにログイン後、「HOME」に表示されたサイトのURLのリンクをクリックすることで、分析結果の見ることができます。分析結果の反映はリアルタイムではないので、サイト登録直後は情報が表示されません。Googleによる分析をしばらく待つことにします。

Google Analyticsの利用

Google Analyticsを使用すると、トラッキングコードを使用してアクセスごとの情報をGoogleに送信することにより、詳細なアクセス分析を行うことができます。

Google Analyticsの利用の準備

Google Analyticsを使用するためには、Googleのアカウントが必要です。サイトの管理用に用意したGoogleのアカウントを使用します。

Google Analytics利用までの流れ

Google Analytics使用の流れを示します。

  • Google Analyticsにログイン
  • トラッキングコードの取得
  • WordPressサイトへのトラッキングコードの追加
  • 分析情報の確認

Google Analyticsにログイン

サイトの管理用に用意したGoogleのアカウントを使用して、Google Analyticsにログインします。

トラッキングコードの取得

アカウント名、ウェブサイト名、ウェブサイトのURL、業種、レポートのタイムゾーンを入力して、ト「ラッキングID取得」のボタンをクリックします。トラッキングコードとして表示された、グローバルサイトタグ(gtag.js)をテキストファイルなどに取得しておきます。

WordPressサイトへのトラッキングコードの追加

トラッキングコードを埋め込むため、header.phpを子テーマのフォルダにコピーします。

$ cd /var/www/html/system/wp-content/themes/twentyseventeen
$ sudo cp -p ./header.php ../twentyseventeen-child/
$ cd /var/www/html/system/wp-content/themes/twentyseventeen-child
$ sudo vi ./header.php
...

以下のようにトラッキングコード(gtag.js)を、wp_head()関数の直前に入れてみました。

<!-- Global site tag (gtag.js) - Google Analytics -->
<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=UA-XXXXXXXXX-X"></script>
<script>
...
</script>
<?php wp_head(); ?>
</head>

分析情報の確認

数時間したら、再度ログインして分析情報が閲覧できるか確認します。

おわりに

本稿では、WordPressサーバのアクセス分析を行う方法について記載しました。次はサイトの運用について整理します。続きは、以下の記事にお進みください。