VCCWを使用してWordPressの開発環境を構築する!

VCCWを使用してWordPressの開発環境を構築します。

使用環境

  • Ubuntu 18.04.3 Desktop
  • VirtualBox Version 6.0.14 r133895 (Qt5.9.5)
  • Vagrant 2.2.6
  • VCCW 3.21.1

前提となるソフトウェアのインストール

前提となるソフトウェアをインストールします。

VirtualBoxのインストール

以下の記事を参考にVirtualBoxをインストールします。

Vagrantのインストール

以下の記事を参考にVagrantをインストールします。

VagrantのBoxのダウンロード

VagrantのBoxをダウンロードします。ダウンロードには少し時間がかかります。

$ vagrant box add vccw-team/xenial64

VCCWのzipファイルのダウンロードと解凍

以下のVCCWのホームページからVCCWのzipファイルをダウンロードして解凍します。必要に応じて「vccw」のディレクトリ名を変更して、適切なディレクトリに配置します。

カレントディレクトリの移動

ダウンロードしたvccwのzipファイルを解凍して配置したディレクトリに移動します。

$ cd vccw

Vagrantの環境を起動します。

vccwを解凍して配置したディレクトリに移動します。

$ vagrant up

/etc/hostsの編集

「vagrant-hostsupdater」というVagrantのプラグインを使用すると自動で/etc/hostsを自動で編集してくれますが、ここでは手動で編集します。

$ vi /etc/hosts
...
192.168.33.10	vccw.test

サイトへのアクセス

以下のURLでサイトにアクセすることができます。

http://vccw.test/

※IDとパスワード関連の情報は、VCCWのホームページに記載されています。

Gitのリポジトリの作成とコミット

Gitで管理できるように、Gitのリポジトリを作成しコミットします。

$ git init
$ git add .
$ git commit -m "First Commit"

開発環境のカスタマイズ

開発環境を停止します。

$ vagrant halt

開発環境をカスタマイズします。ここでは、ホスト名とIPアドレスと言語環境を変更します。defalut.ymlをコピーして、site.ymlを作成します。

$ cp provision/default.yml site.yml

ホスト名とIPアドレスと言語環境を変更します。

$ vi site.yml
...
hostname: example.com
ip: 192.168.33.11
...
hostname_aliases:
  - example.com
...
lang: ja
...

/etc/hostsを編集します。

$ vi /etc/hosts
...
192.168.33.11	example.com

「vagrant up」します。

$ vagrant up

変更したURLでサイトにアクセすることができます。

http://example.com/

変更をライブラリにコミットしておきましょう。

$ git add .
$ git commit -m "Create site.yml and reconstruct environment."

仮想環境「vccw.test」の削除

ここまで設定を行うと「vccw.test」の仮想環境は不要となるため、VirtualBoxを起動して「vccw.test」の仮想ホストをファイルを含めて削除します。

おわりに

VCCWを使用して、WordPressの開発環境を構築しました。

参考

関連記事

  1. VCCWを使用してWordPressの開発環境を構築する!
  2. VCCWでWordmoveを使用してWordPressの本番環境の内容を開発環境に反映する!
スポンサーリンク