WordPress用のサーバを構築する!(Ubuntu 20.04/PHP)

Ubuntu 20.04でWordPress用のサーバを構築します。Apache、MariaDBのインストール後に、PHPをインストールします。

PHPをインストールする!

PHP7.4をインストールします。Ubuntu 20.04では、リポジトリの登録作業を行わなくても、PHP7.4をインストールすることができます。注意深くログを見ると、Apacheの設定が変更されていることなどが確認できます。

# apt install php7.4 php7.4-mysql
Reading package lists... Done
Building dependency tree       
Reading state information... Done
The following additional packages will be installed:
  libapache2-mod-php7.4 php-common php7.4-cli php7.4-common php7.4-json php7.4-opcache php7.4-readline
Suggested packages:
  php-pear
The following NEW packages will be installed:
  libapache2-mod-php7.4 php-common php7.4 php7.4-cli php7.4-common php7.4-json php7.4-mysql php7.4-opcache php7.4-readline
...
Creating config file /etc/php/7.4/apache2/php.ini with new version
Module mpm_event disabled.
Enabling module mpm_prefork.
apache2_switch_mpm Switch to prefork
apache2_invoke: Enable module php7.4
...

その他、WordPressで必要となる以下のモジュールもインストールしておきましょう。php-gdは、必須モジュールです。

# apt install php-gd php-mbstring

PHPの設定を行う!

以下のように、PHPのタイムゾーンおよび日本語に関する設定を行います。

# vi /etc/php/7.4/apache2/php.ini
date.timezone = "Asia/Tokyo"
mbstring.language = Japanese
mbstring.internal_encoding = UTF-8
mbstring.http_input = pass
mbstring.http_output = pass
mbstring.encoding_translation = Off
mbstring.detect_order = auto
mbstring.substitute_character = none;
mbstring.func_overload = 0
mbstring.strict_detection = Off

Apacheを再起動する!

追加したモジュールを有効化するため、Apacheを再起動します。

# systemctl restart apache2

PHPの動作確認を行う!

PHPの動作確認を行います。以下のように「phpcheck.php」のファイルを作成します。

# cd /var/www/html
# vi phpcheck.php
<?php
    phpinfo();
?>
# chmod 755 phpcheck.php 
root@118-27-109-28:/var/www/html# ls -l
total 16
-rw-r--r-- 1 root root 10918 Jan 17 22:25 index.html
-rwxr-xr-x 1 root root    24 Jan 17 23:13 phpcheck.php

http://<サーバのIPアドレス>/phpcheck.phpでアクセスして、PHPの設定情報が出力されれば、インストール成功です。

おわりに

PHPは、ApacheとMariaDB関連の設定を行うので、ApacheとMariaDBインストール後に、インストールを行います。