Ubuntu Desktop (20.04/18.04) でGimpを使用する!

Ubuntu 18.04 LTS DesktopにGimpをインストールします。Gimpをインストールすると、様々な画像処理を実行することができるようになります。

使用した環境

Ubuntu Desktop 20.04 LTS

  • Ubuntu Desktop 20.04 LTS (20.04.1)
  • Gimp 2.10.20 (Snapパッケージ)

Ubuntu Desktop 18.04 LTS

  • Ubuntu Desktop 18.04 LTS (18.04.1)
  • Gimp 2.10.8 (Snapパッケージ)

Gimpのインストール

Gimpは大型のソフトウェアで様々なライブラリを使用すること、新しいバージョン2.10がインストールできることからSnapパッケージからインストールします。

SnapパッケージからGimpをインストール

SnapパッケージからGimpのバージョン2.10をインストールします。aptでインストールするとバージョンは、2.8になります。Ubuntuソフトウェアからインストールする場合は、gimpで検索しますが、snap版かapt版か選ぶときによく確認しましょう。

$ sudo snap install gimp

Gimpの起動

コマンドラインからは、以下で起動できます。

$ gimp

画像ファイルのオープン

編集したいファイルをオープンする場合は、「File」→「Open」のメニューを使用し、オープンする画像ファイルを選択します。

画像の基本操作

よく使用する画像に対する操作をまとめます。

画像の回転

画像の縦横を入れ替えるなど画像を回転させる場合は、「Image」→「Transform」のメニューを使用します。

画像の拡大縮小

画像の拡大縮小を行う場合は、「Image」→「Scale Image...」のメニューを使用します。

画像のファイル形式を変換して保存

画像の形式を選択して保存する場合は、「File」→「Export As...」のメニューを使用します。写真をWebサイトにアップするためにJPEGで保存する場合は、「Advanced Options」で、「Save Exif data」のチェックを外して、位置情報等の個人情報が残らないようにしましょう。

画像の保存

一度のみの編集の場合は特に必要ありませんが、編集後の状態を保存したい場合は、「File」→「Save」のメニューを使用し、XCF形式で画像を保存します。

Gimpの終了

Gimpを終了する場合は、「File」→「Quit」のメニューを選択します。

おわりに

本稿では、Snapパッケージを使用してGimpをインストールし、Webサイト用の画像編集でよく使用する機能をまとめました。

関連記事