Ubuntu 16.04 LTS DesktopにBitcoin Coreをインストール

buntu 16.04 LTS Desktopに「Bitcoin Core」をインストールし、フルノードを構成します。

使用した環境

  • Ubuntu 16.04 LTS Desktop (16.04.5)

Bitcoin Coreをリポジトリからインストール

リポジトリを登録して、apt-getコマンドで、Bitcoin Coreをインストールします。GUIおよびCUI版の両方をインストールします。

$ sudo add-apt-repository ppa:bitcoin/bitcoin
$ sudo apt-get update
$ sudo apt install bitcoin-qt bitcoind

GUI版Bitcoin Coreの起動と取引情報の同期

アプリケーションの検索ウィンドウで「bitcoin」を入力し起動するか、以下のコマンドで起動します。

$ bitcoin-qt

初回起動時には、データディレクトリを指定するウィザードが開きますので、デフォルトで良い場合は、「Use the default data directory」を選択します。サイズが大きいので、別なバーティションを指定するのもよいでしょう。2018年9月で約200GB程度のディスク容量が必要になります。これからも増えていきますので、十分なサイズのパーティションを用意します。

「OK」ボタンを押すと、取引情報(ブロックチェーン)のダウンロードが始まります。

第7世代Pentiumのマシンでしたが、半日程度でデータの同期が終了しました。

CUI版Bitcoin Coreの起動

CUI版のBitcoin Coreを起動するには、以下のコマンドを実行します。

$ bitcoind -daemon

CUI版Bitcoin Coreの停止

CUI版のBitcoin Coreを停止するには、以下のコマンドを実行します。

$ bitcoin-cli stop

おわりに

Ubuntu 16.04 LTSでは、bitcoinのリポジトリを登録すれば簡単にbitcoin環境をインストールすることができます。

参考