ethOSをダウンロードファイルからインストール

ethOSをgpuShackのホームページで購入し、ダウンロードしたファイルからインストールします。USBインストール済版のethOSはすでに使用していたのですが、テスト機用がほしくなり、ダウンロード版からインストールすることにしました。

使用した環境

  • ethOS 1.3.1
  • Ubuntu 16.04 LTS

ethOSの購入

ethOSのダウンロード

メールでダウンロード用のリンクとユーザID、パスワードが届くので、リンクをクリックしてethOSをダウンロードします。本稿執筆時点では、ethOSのバージョンは、1.3.1がダウンロードされました。

ethOSのUSBへのインストール

ethOSをUSBにインストールします。SSDなどの選択肢もありますが、手軽さや消費電力の少なさでUSBを選択しました。USBの規格は速度の点でUSB2.0が非推奨なので、USB3.0を使用します。サイズは、16GBを選択しました。以下、Ubuntu 16.04 LTSでのインストール例です。

ダウンロードファイルの解凍

ダウンロードファイルは、OSのイメージファイルを圧縮したものになっていますので、解凍を行います。

$ unxz ~/Downloads/ethos-1.3.1.img.xz

インストール用USBの準備

OSをUSBに書き込む際に誤って他のディスクなどのデータを壊さないように不要なドライブは外しておきます。インストール用のUSBをUSBポートに差し込み、デバイスを確認します。

$ sudo fdisk -l

確認したデバイスファイルを指定して、ethOSのイメージファイルを書き込みます。ddコマンドでもよさそうですが、ethOSのガイドに従って、ddrescueコマンドを使用します。ddrescueが未インストールの場合は、以下のコマンドでインストールします。

$ sudo apt-get -fy install gddrescue

以下、/dev/sdXの部分は、fdiskコマンドで確認したデバイスファイルを指定します。

$ sudo ddrescue --force -r2 ~/Downloads/ethos-1.3.1.img /dev/sdX
GNU ddrescue 1.19
Press Ctrl-C to interrupt
rescued:     5243 MB,  errsize:       0 B,  current rate:    6488 kB/s
   ipos:     5243 MB,   errors:       0,    average rate:   10007 kB/s
   opos:     5243 MB, run time:    8.73 m,  successful read:       0 s ago
Finished
$

Finishedが表示されて、コマンドプロンプトが戻ってきたら完了です。

インストールしたUSBでの起動

リグのUSBポートにインストールを行ったUSBを差し込んで、起動して動作確認を行います。BIOSの設定がUFEIブートの場合は、CSMを有効にしてLegacyなBIOSと互換性のある設定にして起動します。あるいは、追加の手順でUFEIブート可能な形式に変換する必要があります。

おわりに

ethOSを、ダウンロード版からインストールを行いました。UFEIブートのUSBを作成するのは少し面倒なので、BIOSの設定でCSMを有効にして起動を行うようにしました。

参考

リンク