ethOSのアップデート(1.3.1→1.3.2)

ethOSを1.3.1から1.3.2にアップデートします。主要な変更は、マイニング用ソフトウェアの追加になります。nvidiaのGPUのグラフィックボードに対する設定に関しては、不具合がかなり修正されているようです。

使用した環境

  • ethOS 1.3.1→ethOS 1.3.2
  • NVIDAグラフィックボード×6

ethOSのOSのバックアップ

念のため、他のUSBあるいは外部ストレージに、ddコマンド等でethOSのバックアップを取得します。マシンの停止時間は長くなりますが、バックアップは安全のためマシンを一回停止して、別なマシンで取得しましょう。

ethOSの設定ファイルのバックアップ

設定ファイルに関しては、以下のファイルをバックアップしておきます。

  • /home/ethos/remote.conf
  • /home/ethos/local.conf
  • /home/ethos/custom.sh
  • /etc/default/keyboard
  • /etc/network/interfaces
  • /etc/ssh/sshd_config
  • /etc/X11/xorg.conf

ethOSのアップデートの実行

ethOSを再起動します。

$ r

立ち上がってきたら、ethosユーザで再度ログインし、以下のコマンドでアップデートします。今回のアップデートでは、主要なライブラリの更新が発生するためか、アップデートコマンドの実行が4回も必要でした。そのため、アップデートのコマンドはマニュアルに記載されているコマンド行そのままではなく、コマンド行最後のリブートを別で実行することにしました。最終回を除いて自動でリブートがかかります。

$ sudo ethos-update

最終回は、手動でのリブートが必要なため、以下を実行します。

$ r

立ち上がってきたら、ethosユーザでログインし、以下のコマンドを実行し、マイニング用のソフトウェアを起動します。

$ allow

wwコマンドでバージョンが確認できます。

$ ww
ethOS 1.3.2 on TB250-BTC with 6 GPUs
rig nnnnnn (nnnnnn) up 9 minutes
XXX.XXX.XXX.XXX at http://nnnnnn.ethosdistro.com

ram amount:     7.7G   used: 1.3G   free: 6.4G
cpu usage / temp / load: 40.0% / 46C / 9.69 10.76 4.94

62°C  Fan: 2.7    Hash: 21.44    01 GP106 GeForce GTX 1060 3GB 86.06.3C.40.17
63°C  Fan: 2.7    Hash: 27.20    02 GP104 GeForce GTX 1070 86.04.50.40.85
60°C  Fan: 2.7    Hash: 21.86    03 GP104 GeForce GTX 1070 86.04.50.40.85
55°C  Fan: 2.7    Hash: 13.96    05 GP106 GeForce GTX 1060 3GB 86.06.3C.40.17
62°C  Fan: 2.7    Hash: 22.81    06 GP106 GeForce GTX 1060 3GB 86.06.59.00.71
57°C  Fan: 2.7    Hash: 22.26    07 GP104 GeForce GTX 1060 3GB 86.04.54.00.7A

131.7 hash: miner active

ethOS 1.3.2 released July 31, 2018
See ethosdistro.com/changelog

run 'helpme' to get started, root/ethos password is 'live'
toggle fullscreen terminal with ctrl+alt+left/right arrow

マイニング用のソフトウェアのバージョンを確認します。changelogに記載されているようにマイニング用のソフトウェアの種類が増えています。

$ cat /var/run/ethos/miner.versions
ccminer 2.3.0-ethos8
cgminer-skein 3.7.3
claymore v11.9
claymore-xmr v11.3
claymore-zcash v12.6
avermore 1.4.1
nevermore 0.2.3-ethos1
dstm-zcash 0.6.1
optiminer-zcash v1.7.0
sgminer-gm 5.5.6-gm-ethos1
sgminer-gm-xmr 5.5.6-gm-ethos1
ewbf-zcash 0.3.4b
ethminer 0.14.0.dev2
xmr-stak 2.4.5
xtl-stak 2.4.4
tdxminer 0.2.2.2
ewbf-equihash v0.4

local.confの修正

nvidiaのGPUのグラフィックボードの場合であると思いますが、GPU毎に設定する場合に、設定順序がずれている問題が解決されているので、設定ファイル(local.conf)を修正します。
<1.3.1の場合>※GPU0は最後に設定します。

XXX NNNNNN GPU1 GPU2 GPU3 GPU4 GPU5 GPU0
-----------------------------------------
mem nnnnnn 4450 4450 3650 4450 4450 4450

<1.3.2の場合>※GPU0から順番に設定します。

XXX NNNNNN GPU0 GPU1 GPU2 GPU3 GPU4 GPU5
-----------------------------------------
mem nnnnnn 4450 4450 4450 3650 4450 4450

その他、本サイトでの構成で、一部のGPUの電源制御がlocal.confで設定できず、custom.shを使用していましたが、local.confで可能になりました。custom.shを使用している場合は、local.confでの指定を再度チャレンジしてみるのも良いかもしれません。

poolpingコマンド

ethOS 1.3.2で追加されたpingpoolコマンドを実行してみましょう。ethOSで使用可能なpoolに対するpingの応答結果と、接続しているリグ数が表示されます。pingの応答が早く、ある程度の接続数があるpoolに接続しているか確認できます。本サイトでは、eth-asia1.nanopool.orgから、eth-jp1.nanopool.orgに切り替えることにしました。

$ poolping
      ___ _               _____ _                
     / _ (_)_ __   __ _  /__   (_)_ __ ___   ___ 
    / /_)/ | '_ \ /  ` |   / /\/ | '_ ` _ \ / _ \
   / ___/| | | | | (_| |  / /  | | | | | | |  __/
   \/    |_|_| |_|\__, |  \/   |_|_| |_| |_|\___|
                  |___/

Starting to ping the pools . . . 10 seconds remain
Your pools are eth-asia1.nanopool.org @ 78.06ms and eth-jp1.nanopool.org @ 14.68ms
EthOS compatible pool listing
Ping ms - #Rigs - Pool address
...
14.64     570     eth-jp1.nanopool.org
...
78.09     135     etc-asia1.nanopool.org
...

おわりに

とりあえず、ethOS 1.3.2にアップデートできたので良しとしましたが、アップデートコマンド4回の実行が正しいのか、不安いっぱいなアップデート体験になりました。

参考

スポンサーリンク