検索サイト用のサイトマップを作成する!(Google XML Sitemaps)

WordPressサイトをカスタマイズします。本稿では、Googleにサイトの情報を連携するsitemap.xmlを作成します。

プラグイン「Google XML Sitemaps」をインストールする!

sitemap.xmlの作成は、手動でもできますがページ作成時に自動でsitemap.xmlを作成してくれるプラグインを利用するのが便利です。本サイトでは、プラグイン「Google XML Sitemaps」を使用しています。プラグイン「Google XML Sitemaps」をインストールして、有効化しましょう。

「Google XML Sitemaps」の設定を行う!

プラグイン「Google XML Sitemaps」設定画面から、設定を行います。本サイトで、設定を変更をしているのは、以下のみです。

  • 投稿の優先順位:優先順位を自動的に計算しない

「Google XML Sitemaps」の使用方法

まず、サイトマップのインデックスファイルのURLを確認します。

  • あなたのサイトマップのインデックスファイルのURL: https://lab4ict.com/sitemap.xml

以下の「your sitemap」をクリックして、サーチエンジンに通知します。

  • Notify Search Engines about your sitemap or your main sitemap and all sub-sitemaps now.

Google Search Consoleにログインして、サイトマップのページに移り、「新しいサイトマップの追加」で「sitemap.xml」のURLを入力して送信します。しばらくすると、sitemap.xmlに記載したページ数が表示されます。同じサイトで、サブディレクトリ毎にWordPressのサイトを運用している場合でも、この方法を複数回繰り返すことで対応できます。

おわりに

sitemap.xmlは、プラグインを使用すると簡単に作成することができます。Google Search Consoleからも登録を行って起きましょう。