Raspberry PiでYouTubeによるライブ配信を行う!(有線LAN化)

Raspberry PiでYouTubeによるライブ配信の安定化を図ります。Wi-Fi接続を利用していて、ネットワークが不安定な場合は、有線LAN化を行う必要がある場合があります。

症状

YouTubeへのライブ配信が不定期に途切れたり、Wi-Fiルータの電源OFF/ON時に通信が途切れてYouTubeのライブ配信が終了してしまう場合があります。この場合は、Wi-Fiネットワークに問題がある可能性があります。

Wi-Fiのアクセスポイントのチャンネルの衝突を確認する!

最初に、Wi-Fiのネットワークのチャンネルが衝突していないか確認してみましょう。スマホのアプリで、Wi-Fiアナライザーを使用するとわかりやすいです。チャンネルが衝突している場合は、衝突しないチャンネルを選んで固定化します。

有線LAN化する!

Wi-Fiのチャンネルを変更して固定化しても状況が変わらない場合は、有線LAN化してみましょう。これで変わらなければ、Wi-Fi以外の問題になります。

おわりに

本サイトのライブカメラは当初、5GHz帯のWi-Fiを使用しており、数時間でライブ配信が終了してしまう状況に悩まされていましたが、有線LAN化でスッキリ解決しました。