Flightradar24のフィーダーの設定変更をWeb画面より行う!

Flightradar24のフィーダーの設定変更を行う方法です。

Web画面から設定の変更を行う!

Raspberry PiのIPアドレスとポート番号「8754」でブラウザからWeb画面にアクセスします。

http://10.1.5.11:8754/

フィーダーの設定変更を行う!

「Settings」メニューをクリックすると設定画面が表示されます。変更する項目を入力したら、「Save」して「Restart」します。

これらの情報は、「/etc/fr24feed.ini」に保管されています。

i@ras011p1:~ $ cat /etc/fr24feed.ini
receiver="dvbt"
fr24key="f49a55f27b8c2e12"
bs="yes"
raw="yes"
logmode="2"
windowmode="0"
logpath="/var/log/fr24feed"
mpx="no"
mlat="yes"
mlat-without-gps="yes"

データのフィード状況を確認する!

設定変更したら、データのフィード状況を確認します。「Show tracked aircraft list」をクリックして、表示します。

フィーダのログを確認する!

フィーダのログも確認してみましょう。「Show logs」をクリックして、表示します。

ログファイルとしては、以下に保管されています。

pi@ras012p1:~ $ tail /var/log/fr24feed/fr24feed.log 
2022-01-30 17:13:29 | [mlat][i]Received ADS-B time references AC:
2022-01-30 17:13:29 | [mlat][i] 851142
2022-01-30 17:13:29 | [feed][i]sent 1,1 AC
2022-01-30 17:13:29 | [feed][n]syncing stream async: 1
2022-01-30 17:13:30 | [feed][n]syncing stream result: 1
2022-01-30 17:13:31 | [mlat][i]Pinging the server
2022-01-30 17:13:31 | [mlat][i]Stats 43159/43159
2022-01-30 17:13:35 | [feed][i]sent 1,1 AC
2022-01-30 17:13:41 | [feed][i]sent 0,1 AC
2022-01-30 17:13:47 | [feed][i]sent 1,1 AC

おわりに

Web画面で、Flightradar24の設定変更を行う方法を紹介しました。