Flightradar24にADS-B情報をフィードしBusinessプランを利用する!(Raspberry Pi)

Raspberry Piを使用してADS-B情報をFlightradar24にフィードします。flightrader24にADS-B情報を連携すると、アカウントのサブスクリプションが自動的にBusinessプランになり、Fritrader24の機能がすべて使用できるようになります。Raspberry Piを使用する最大のメリットは、24時間稼働させるのに省電力であることです。

事前に準備が必要なことを確認する!

Raspberry PiでADS-B情報をFlightradar24に連携するには、以下の準備が必要です。

  • flightrader24のアカウント・・・Flightradar24で使用するメールアドレスを用意します。
  • OSインストール済みのRaspberry Pi(1万円程度)・・・Raspberry Pi 3以上がおすすめです。
  • ADS-B受信用のアンテナとアンテナケーブル(3000円程度)
  • ADS-B受信用のドングル(6000円程度)
  • 常時データ連携をするための電源とインターネット接続・・・Businessプランになるために常時接続します。

ADS-B受信用のアンテナとドングルを準備する!

ADS-B受信用のアンテナとドングルを準備します。以下の同等品で大丈夫です。

    • ADS-B受信用アンテナ(1090Mhz)

    • アンテナとドングル接続用のケーブル(15cm:MCX-SMAメス)※変換ケーブル

    • ADS-B受信用のドングル(R820T2 & SDR+TCXO)

ADS-B受信用のアンテナとドングルを接続する!

Raspberry Pi 3 model Bに、ADS-B受信用のアンテナとドングルを接続します。

Raspberry Piを起動する!

Raspberry Piをインターネットに接続し、起動します。

Raspberry PiのOSのバージョンを確認する!

Raspberry PiにSSH等で接続して、OSのバージョンを確認します。今回は、11.2を使用しています。

pi@raspberrypi:/etc $ cat /etc/debian_version 
11.2

ソフトウェアをインストールする!

Raspberry Piであれば、コマンド一つで必要ソフトウェアのインストールと設定まで行うことができます。

$ sudo bash -c "$(wget -O - https://repo-feed.Flightradar24.com/install_fr24_rpi.sh)"

ソフトウェアの設定を行う!

Flightradar24のアカウントとして使用するメールアドレスを入力します。

Step 1.1 - Enter your email address (username@domain.tld)
$:

「sharing key」を入力します。初回の場合は、空欄にします。

Step 1.2 - If you used to feed FR24 with ADS-B data before, enter your sharing key.
If you don't remember your sharing key, you can find it in your account on the website under "My data sharing".
https://www.Flightradar24.com/account/data-sharing

Otherwise leave this field empty and continue.
$:

MLAT問い合わせに「yes」を入力し、受信機の経度、緯度、高度を入力します。スマホのGPSアプリで情報を入手するのが簡単と思いますが、国土地理院地図を利用することもできます。以下の記事を参考にしてみてください。

Step 1.3 - Would you like to participate in MLAT calculations? (yes/no)$:yes

IMPORTANT: For MLAT calculations the antenna's location should be entered very precise!

Step 3.A - Enter antenna's latitude (DD.DDDD)
$:XX.XXXX

Step 3.B - Enter antenna's longitude (DDD.DDDD)
$:XXX.XXXX

Step 3.C - Enter antenna's altitude above the sea level (in feet)
$:XX

設定を継続するため、「yes」を入力します。

Flightradar24 may, if needed, use your email address to contact you regarding your data feed.

Would you like to continue using these settings?

Enter your choice (yes/no)$:yes

受信機のタイプとして、「1」のDVBT Stickを入力します。

Step 4.1 - Receiver selection (in order to run MLAT please use DVB-T stick with dump1090 utility bundled with fr24feed):

 1 - DVBT Stick (USB)
 -----------------------------------------------------
 2 - SBS1/SBS1er (USB/Network)
 3 - SBS3 (USB/Network)
 4 - ModeS Beast (USB/Network)
 5 - AVR Compatible (DVBT over network, etc)
 6 - microADSB (USB/Network)
 7 - SBSx via Basestation (localhost:30006)


Enter your receiver type (1-7)$:1

dump1090の追加の引数は空欄にします。

Step 4.3 - Enter your additional dump1090 arguments or leave empty
$:

データをフィードのためのポートを決めるため、「yes」を入力します。

Step 5.1 - Would you like to enable RAW data feed on port 30002 (yes/no)$:yes

Step 5.2 - Would you like to enable Basestation data feed on port 30003 (yes/no)$:yes

最後にログファイルのローテーションの設定を入力します。ここでは、「2」の24時間おきにログを切り替えて、72時間保管する設定を選びました。

Step 6 - Please select desired logfile mode:
 0 -  Disabled
 1 -  48 hour, 24h rotation
 2 -  72 hour, 24h rotation
Select logfile mode (0-2)$:2

「Submitting form data...OK」が出力されれば設定完了です。アンテナを窓際に置いて・・・

ソフトウェアの再起動を行います。

sudo systemctl start fr24feed
● fr24feed.service - Flightradar24 Decoder & Feeder
     Loaded: loaded (/etc/systemd/system/fr24feed.service; enabled; vendor preset: enabled)
     Active: active (running) since Sun 2022-01-16 09:41:35 JST; 18min ago
    Process: 5111 ExecStartPre=/usr/lib/fr24/install_dump1090.sh (code=exited, status=0/SUCCESS)

動作状況を確認する!(Web画面)

Raspberry PiのIPアドレスとポート番号「8754」でブラウザからアクセスしてみます。

http://10.1.5.11:8754/

「Aircraft Tracked」、「Aircraft Uploaded」の数値が「0」でなければ、ADS-Bデータを受信し、flightrader24に送信できています。

動作状況を確認する!(コマンドライン)

コマンドラインでも動作状況を確認できます。

pi@ras011p1:~ $ fr24feed-status
FR24 Feeder/Decoder Process: running.
FR24 Stats Timestamp: 2022-01-30 05:06:06.
FR24 Link: connected [UDP].
FR24 Radar: T-RJTT985.
FR24 Tracked AC: 7.
Receiver: connected (37869 MSGS/0 SYNC).
FR24 MLAT: ok [UDP].
FR24 MLAT AC seen: 0.

CPU使用率を確認する!

「Raspberry Pi 3 Model B」でのCPU使用率は、14%位でした。

pi@raspberrypi:~ $ vmstat 3 10
procs -----------memory---------- ---swap-- -----io---- -system-- ------cpu-----
 r  b   swpd   free   buff  cache   si   so    bi    bo   in   cs us sy id wa st
 2  0   2304 107024  87880 557076    0    0     2     2   38   21  1  0 99  0  0
 0  0   2304 106900  87888 557096    0    0     0     4 1962 1268 14  0 85  0  0
 1  0   2304 106900  87888 557096    0    0     0     0 2096 1364 14  1 85  0  0
 0  0   2304 106900  87888 557096    0    0     0     0 1962 1248 14  0 85  0  0
 0  0   2304 106900  87896 557088    0    0     0     4 1825 1178 14  0 86  0  0
 2  0   2304 106900  87896 557088    0    0     0     0 1794 1115 14  1 86  0  0
 1  0   2304 106900  87896 557088    0    0     0     0 2021 1240 14  0 86  0  0
 1  0   2304 106900  87904 557096    0    0     0     4 2038 1245 14  1 85  0  0
 1  0   2304 106900  87904 557096    0    0     0     1 2010 1229 14  1 85  0  0
 2  0   2304 106900  87912 557096    0    0     0     4 1897 1145 14  1 85  0  0

sysstatパッケージをインストールして、sarコマンドでコア別に使用率を確認してみると、常時2コア使用し、そのうち1コアを40%程度使用しています。

pi@raspberrypi:~ $ sar -P ALL 3 10
Linux 5.10.63-v7+ (raspberrypi) 	01/16/2022 	_armv7l_	(4 CPU)

11:05:36 AM     CPU     %user     %nice   %system   %iowait    %steal     %idle
11:05:39 AM     all     13.60      0.00      0.42      0.00      0.00     85.98
11:05:39 AM       0      0.00      0.00      0.00      0.00      0.00    100.00
11:05:39 AM       1     41.00      0.00      1.00      0.00      0.00     58.00
11:05:39 AM       2     12.79      0.00      0.00      0.00      0.00     87.21
11:05:39 AM       3      0.33      0.00      0.67      0.00      0.00     99.00

サブスクリプションのプランを確認する!

サブスクリプションのプランですが、データを連携して数日したら自動的にBusinessプランに変更されていました。これで思う存分、flightrader24を楽しむことができます。

おわりに

Raspberry Piによるデータ送信は、Flightradar24のおすすめの仕組みになっており、インストールや設定を容易に行うことができます。

参考