「WiMAX」の回線品質(通信速度)をSpeedtestで調査する!

WiMAXはギガ放題という料金プランで「3日間で10GB」で通信制限がかかりますが、通信制限がかかっても1Mbps程度の通信速度で利用できます。私の住まいは、集合住宅で光回線が利用できないという今時、めずらしい物件に住んでいるのでWiMAX回線を契約しています。WiMAX回線の特徴は、比較的高速なダウンロード速度とホームルータを使用すれば固定回線の代替としても使用できる回線品質があることです。WiMAXの回線速度と品質をSpeedtestで調査してみました。

計測方法

スマホからホームルータにWi-Fi接続し、以下の「Speedtestというアプリを使用して計測しました。

計測結果(参考)

回線速度は、様々な要素に左右されるため参考値ですが、おおよそ以下の速度が計測されました。

  • 計測日:2020/10/15(木) 22時
  • ダウンロード:30〜45Mbps
  • アップロード:3〜4Mbps
  • Ping:40〜50ms程度
  • ジッター:5ms程度
  • パケットロス:0.0%

固定回線の代替としての利用とWiMAXルータの選択

固定回線の代替として使用する場合は、持ち運びのことは忘れてホームルータを使用しましょう。24時間、電源を入れて使いっぱなしにするので、リチウムイオン電池を使用しない安心感の方が大切です。Wi-Fiのアンテナも本体が大きい分、大型のアンテナが内蔵できるので、部屋をまたいでの通信もあまり問題になりません。

おわりに

WiMAXは、無線による通信のため電波状況にもよりますが、通信量が「3日間で10GB」を超えなければ通信品質も高く、固定回線の代替として使用できる回線だと思います。注意点としては、アップロードの通信速度が10Mbps程度であることと、厳しくはありませんが通信量の制限があることです。

スポンサーリンク