USBメモリの規格の概要をまとめる!

データの一時保管に使用するUSBメモリの規格と選び方をまとめます。

USBの規格を一覧化する!

USBメモリを選ぶ際に最初に確認したいのが、対応するUSBの規格です。規格に後方互換性がありますが、通信速度の遅い大容量のUSBドライブを選ばないようにUSB3.0以降の規格のUSBメモリを選択しましょう。

規格 通信速度 備考
2.0 480Mbps
3.0 5Gbps USB 3.2 Gen1x1
3.1 10Gbps USB 3.2 Gen2x1
3.2 20Gbps USB 3.2 Gen2x2

USBメモリを機能で選ぶ!

USBメモリを選ぶ際は、機能に注意しましょう

  • USBコネクタの保護方法(回転式、ノック式、キャップ式)
  • USBメモリのアクセス確認用LEDの有無
  • USBメモリの運搬方法(ストラップ用の穴の有無)
  • USBメモリの信頼性(防水、防塵、ケースの材質)
  • USBメモリのセキュリティ機能(暗号化、対タンパー性)
  • USBメモリのサイズ(超小型等)

USBメモリのフォーマットを確認する!

USBメモリを購入したら、USBメモリのフォーマットを確認しましょう。FAT32(全体最大:2TB、1ファイル:4GB)が多いと思いますが、購入後にフォーマットし直すこともできます。

おわりに

USBメモリを選ぶ場合は、USB3.0以降に対応し、使用するシーンに合わせて機能を確認して選択しましょう。