PowerShellのスクリプトを開発する!

PowerShellのスクリプト開発を行う方法です。

ps1ファイルを作成する!

最初に、スクリプトを作成するフォルダに、拡張子が「ps1」のファイルを作成します。例えば、ファイル名「keep_unlock.ps1」というように作成します。

PowerShell ISEを起動する!

PowerShellのIDE環境「PowerShell ISE」を起動するのですが、ここが楽するポイントで、ps1のファイルを右クリックして編集を選びます。すると、ps1を開いた状態で、PowerShell ISEが起動します。

PowerShellのプログラミングを行う!

例えば、使用中の画面ロックを防ぐためスクリプトですが、以下のように記載してPowerShell ISE上で実行してみましょう。

$WSH = New-Object -Comobject wscript.shell
while ($TRUE){
  Get-Date
  $WSH.sendkeys("+")
  sleep 120
}

「このシステムではスクリプトの実行が無効になっているため・・・」で実行できない場合は、PowerShellの管理者のコマンドプロンプトで以下を実行します。

PS C:\Users\sysadm00\Documents\ps1> Get-ExecutionPolicy
Restricted
PS C:\Users\sysadm00\Documents\ps1> Set-ExecutionPolicy -ExecutionPolicy RemoteSigned
PS C:\Users\sysadm00\Documents\ps1> Get-ExecutionPolicy
RemoteSigned

実際にPowerShellのスクリプトを実行する!

PowerShell ISEでのテストが終了したら、実際に実行してみましょう。PowerShellのスクリプトを右クリックして、「PowerShellで実行」を選びます。

おわりに

PowerShellの開発環境は、改めてインストールせずに使用することができます。