Ubuntu 18.04 LTS DesktopにMongoDBをインストール

Ubuntu 18.04 LTS DesktopにMongoDBをインストールします。MongoDBは、データをJSON形式で扱うので、Web APIとの相性がよいデータベースです。

使用した環境

  • Ubuntu 18.04 LTS Desktop (18.04.1)
  • MongoDB 4.0.2 (MongoDB Repository)
  • MongoDB 3.6.3 (Ubuntu Repository)

MongoDBをMongoDBのリポジトリからインストール

最新版の4.0をインストールするには、MongoDBのリポジトリを登録してインストールする必要があります。

MongoDBのインストール

パッケージ管理システムに公開鍵を登録します。

$ sudo apt-key adv --keyserver hkp://keyserver.ubuntu.com:80 --recv 9DA31620334BD75D9DCB49F368818C72E52529D4

ダウンロード用のリストファイルを作成します。

$ echo "deb [ arch=amd64 ] https://repo.mongodb.org/apt/ubuntu bionic/mongodb-org/4.0 multiverse" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/mongodb-org-4.0.list

パッケージ管理システムのデータベースをリロードします。

$ sudo apt-get update

最新の安定版をインストールします。

$ sudo apt-get install -y mongodb-org

MongoDBのアップデートについて

以降、apt-getコマンドで最新化できますが、不用意なアップデートを避けるためには、以下のコマンドを実行しておきます。

echo "mongodb-org hold" | sudo dpkg --set-selections
echo "mongodb-org-server hold" | sudo dpkg --set-selections
echo "mongodb-org-shell hold" | sudo dpkg --set-selections
echo "mongodb-org-mongos hold" | sudo dpkg --set-selections
echo "mongodb-org-tools hold" | sudo dpkg --set-selections

MongoDBの起動

MongoDBを起動します。コマンドは、systemctlコマンドではなく、serviceコマンドを使用し、サービス名は、mongodbではなく、mongodであることに注意します。

$ sudo service mongod start
$ sudo service mongod status
● mongod.service - MongoDB Database Server
   Loaded: loaded (/lib/systemd/system/mongod.service; disabled; vendor preset: enabled)
   Active: active (running) since Sun 2018-09-23 12:27:54 JST; 7s ago
     Docs: https://docs.mongodb.org/manual
 Main PID: 7286 (mongod)
   CGroup: /system.slice/mongod.service
           └─7286 /usr/bin/mongod --config /etc/mongod.conf

ログファイルを確認します。

$ sudo cat /var/log/mongodb/mongod.log
2018-09-23T12:04:10.318+0900 I CONTROL  [initandlisten] MongoDB starting : pid=5946 port=27017 dbpath=/var/lib/mongodb 64-bit host=vircli001
2018-09-23T12:04:10.318+0900 I CONTROL  [initandlisten] db version v4.0.2
...

MongoDB shellからの接続

mongoコマンドを起動します。MongoDB shellとMongoDB serverのバージョンが表示され、プロンプト">"が表示されればOKです。

$ mongo
MongoDB shell version v4.0.2
connecting to: mongodb://127.0.0.1:27017
MongoDB server version: 4.0.2
...
> quit()

MongoDBの設定ファイルの確認

MongoDBの設定ファイルの内容を確認します。

$ cat /etc/mongod.conf
# mongodb.conf

# Where to store the data.
dbpath=/var/lib/mongodb

#where to log
logpath=/var/log/mongodb/mongodb.log

logappend=true

bind_ip = 127.0.0.1
#port = 27017
...

MongoDBの停止

MongoDBの停止は、以下のコマンドで行います。

$ sudo service mongod stop

MongoDBのアンインストール

MongoDBのアンインストール手順です。不要なパッケージや/var配下のディレクトリも削除します。

$ sudo apt-get purge mongodb-org*
$ sudo apt-get autoremove
$ sudo rm -r /var/log/mongodb
$ sudo rm -r /var/lib/mongodb

MongoDBをUbuntuのリポジトリからインストール

MongoDBをUbuntuのリポジトリからインストールする手順です。MongoDBのリポジトリからインストールするより容易ですが、インストールされるバージョンは、3.6.3になります。

MongoDBのインストール

MongoDBを以下のコマンドでインストールします。

$ sudo apt install mongodb

MongoDBの起動確認

MongoDBが起動していることを確認します。MongoDBは、systemctlコマンドでサービスを制御することができます。

$ sudo systemctl status mongodb
● mongodb.service - An object/document-oriented database
   Loaded: loaded (/lib/systemd/system/mongodb.service; enabled; vendor preset: enabled)
   Active: active (running) since Sun 2018-09-23 10:55:45 JST; 2min 15s ago
     Docs: man:mongod(1)
 Main PID: 3876 (mongod)
    Tasks: 23 (limit: 4915)
   CGroup: /system.slice/mongodb.service
           └─3876 /usr/bin/mongod --unixSocketPrefix=/run/mongodb --config /etc/mongodb.conf

MongoDB shellからの接続

mongoコマンドを起動します。MongoDB shellとMongoDB serverのバージョンが表示され、プロンプト">"が表示されればOKです。

$ mongo
MongoDB shell version v3.6.3
connecting to: mongodb://127.0.0.1:27017
MongoDB server version: 3.6.3
...
> quit()

MongoDBの設定ファイルの確認

MongoDBの設定ファイルの内容を確認します。

$ cat /etc/mongodb.conf
# mongodb.conf

# Where to store the data.
dbpath=/var/lib/mongodb

#where to log
logpath=/var/log/mongodb/mongodb.log

logappend=true

bind_ip = 127.0.0.1
#port = 27017
...

MongoDBのアンインストール

MongoDBのアンインストール手順です。不要なパッケージや/var配下のディレクトリも削除します。

$ sudo apt purge mongodb
$ sudo apt autoremove
$ sudo rm -r /var/log/mongodb
$ sudo rm -r /var/lib/mongodb

おわりに

本稿では、UbuntuのリポジトリからMongoDBをインストールしました。本格的に使用するためには、DB領域のファイルシステムの変更等、実施したいところですが、お試し程度であれば簡単にインストールして使用開始することができます。

参考

スポンサーリンク