BIOSのスーパバイザパスワードを設定!

LenovoのPCで使用できる「Client Security Solution」の「Security Advisor」で、BIOSの管理者パスワードが設定されていないと指摘されたため、BIOSのスーパバイザパスワードを設定します。

使用環境

ノートPC:Lenovo X201i

BIOSのスーパバイザパスワードを設定

BIOSのスーパバイザパスワードのメニューでパスワードを設定します。
P4120783s.jpg

P4120784s.jpg

P4120786s.jpg

P4120787s.jpg
BIOSの設定変更の際に、スーパバイザパスワードが必要となるように設定します。
P4120789s.jpg

P4120790s.jpg

P4120791s.jpg

P4120792s.jpg
ハードウェア・パスワードの項目の警告が消えました!
supervisor_pass_011.png

BIOS起動時のパスワード入力について

スーパバイザパスワード設定以降、BIOSの設定を変更する場合は、BIOSのパスワードにスーパバイザのパスワードを入力します。以前のBIOS起動時のパスワードを入力すると、設定値の参照はできても変更はできません。

おわりに

パソコン(PC)を一人で使用する場合には、BIOS起動時のパスワードのみで十分な気がします。複数人で使用する場合は、管理者のみがBIOSの設定を変えられるようにBIOSのスーパバイザパスワードを設定します。

関連記事

  1. BIOSのパスワードを設定!
  2. BIOSのスーパバイザパスワードを設定!
  3. BIOSの認証で指紋認証を使用!
  4. ハードディスクのパスワードを設定!
  5. セキュリティチップ(TPM)を有効化!