Windows 7でノートパソコンをスリープさせない!

最近はノートパソコンをデスクトップPCのように使うことも多いのではないでしょうか。長時間実行されるような処理をさせる場合、ノートパソコンのデフォルトの設定では、バッテリーの持ちを良くするために、早めにスリープするような設定になっているのではと思います。そこで、ノートパソコンであってもスリープしないようにする設定をまとめておきます。

はじめに

Windows 7使用時に、ノートパソコンであってもスリープしないように設定します。

電源オプション

「コントロールパネル」-「電源オプション」で、「タイマー禁止(プレゼンテーション)」に設定します。
 

「高パフォーマンス」を選び、「スリープなし」など電源プラン名を入力します。
 

すべて、「なし」を選びます。

カバーを閉じたときの動作

「スリープなし」が選択されていることを確認して、「プラン設定の変更」をクリックします。

「詳細な電源設定の変更」をクリックします。

「電源ボタンとカバー」-「カバーを閉じたときの操作」を選択し、「バッテリ駆動」と「電源に接続」の双方ともに「なにもしない」を選択します。
 

おわりに

「電源オプション」で新規に「スリープなし」の電源プランを作成することで、ノートパソコンがあらゆる局面でスリープしないようにすることができました。

関連記事

広告(Windows 10)

Windows 10 Home

Windows 10 Pro

スポンサーリンク