Hinemos(エージェント)をインストールする!(CentOS 8)

HinemosのエージェントをCentOS 8にインストールします。

firewalldを停止する!

firewalldを停止します。

# systemctl stop firewalld
# systemctl disable firewalld

SELinuxを無効化する!

SELinuxを無効化します。

# vi /etc/selinux/config
SELINUX=disabled

ホスト名を設定する!

ホスト名を設定します。

# vi /etc/hostname
server03

/etc/hostsでも名前解決をできるようにします。

# vi /etc/hosts
10.1.12.3    server03

OpenJDKをインストールする!

OpenJDKをインストールします。

# dnf install java-1.8.0-openjdk

SNMPをインストールする!

SNMPの機能をインストールします。

# dnf install net-snmp net-snmp-utils

Hinemosのエージェントのモジュールをダウンロードする!

以下のHinemosのマネージャのモジュールをダウンロードします。

  • hinemos-6.2-agent-6.2.2-1.el.noarch.rpm

Hinemosのエージェントをインストールする!

HINEMOS_MANAGERの環境変数にマネージャのIPアドレスを指定して、Hinemosのエージェントをインストールします。

# cd ~/Downloads
# HINEMOS_MANAGER=10.1.12.3 rpm -ivh hinemos-6.2-agent-6.2.2-1.el.noarch.rpm

Hinemosのエージェントを起動する!

Hinemosのエージェントを起動します。

# systemctl start hinemos_agent

SNMPの設定確認を行う!

SNMPの設定ファイルに以下が追加されていることを確認します。

# cat /etc/snmp/snmpd.conf
...
view	systemview	included   .1.3.6.1
...

Hinemosのエージェントをマネージャに登録する!

Hinemosのエージェントをマネージャに登録します。マネージャのWebの管理画面で、「Perspective > Repository」の画面を開きます。Search Nods(Ctrl-S)で、IPアドレスの範囲を指定して「Run」ボタンをクリックします。エージェントが発見され、マネージャに登録されることを確認します。

おわりに

Hinemosのエージェントを登録して、SNMPを使用してマネージャへの登録まで実施しました。