Hinemos(エージェント)をインストールする!(Ubuntu 18.04)

HinemosのエージェントをUbuntu 18.04にインストールします。

OpenJDKをインストールする!

OpenJDKをインストールします。

# sudo apt install openjdk-8-jre

SNMPをインストールする!

SNMPの機能をインストールします。

# apt install snmpd snmp

Hinemosのエージェントのモジュールをダウンロードする!

以下のHinemosのマネージャのモジュールをダウンロードします。

  • hinemos-6.2-agent-6.2.2-1.ubuntu.noarch.rpm

Hinemosのエージェントをインストールする!

HINEMOS_MANAGERの環境変数にマネージャのIPアドレスを指定して、Hinemosのエージェントをインストールします。

# HINEMOS_MANAGER=10.1.12.3 apt install ./hinemos-6.2-agent-6.2.2-1.ubuntu.noarch.deb

Hinemosのエージェントを起動する!

Hinemosのエージェントを起動します。

# systemctl start hinemos_agent

SNMPの設定確認と設定変更を行う!

SNMPの設定ファイルに以下が追加されていることを確認します。

# cat /etc/snmp/snmpd.conf
...
view	systemview	included   .1.3.6.1
...

以下のように、agentAdressの設定を無効化します。

# vi /etc/snmp/snmpd.conf
...
#  Listen for connections from the local system only
#agentAddress  udp:127.0.0.1:161
...

以下のように、SNMPの設定を変更します。

# vi /etc/snmp/snmpd.conf
...
####
# First, map the community name "public" into a "security name"

#       sec.name  source          community
com2sec notConfigUser  default       public

####
# Second, map the security name into a group name:

#       groupName      securityModel securityName
group   notConfigGroup v1           notConfigUser
group   notConfigGroup v2c           notConfigUser

####
# Third, create a view for us to let the group have rights to:

# Make at least  snmpwalk -v 1 localhost -c public system fast again.
#       name           incl/excl     subtree         mask(optional)
view    systemonly    included   .1.3.6.1.2.1.1
view    systemonly    included   .1.3.6.1.2.1.25.1

# Finally, grant the group read-only access to the systemview view.

#       group          context sec.model sec.level prefix read   write  notif
access  notConfigGroup ""      any       noauth    exact  systemonly none none
####
...
#view   systemonly  included   .1.3.6.1.2.1.1
#view   systemonly  included   .1.3.6.1.2.1.25.1
...

snmpdを再起動します。

# systemctl restart snmpd

Hinemosのエージェントをマネージャに登録する!

Hinemosのエージェントをマネージャに登録します。マネージャのWebの管理画面で、「Perspective > Repository」の画面を開きます。Search Nods(Ctrl-S)で、IPアドレスの範囲を指定して「Run」ボタンをクリックします。エージェントが発見され、マネージャに登録されることを確認します。

おわりに

Hinemosのエージェントを登録して、SNMPを使用してマネージャへの登録まで実施しました。