OpenVPNで固定のIPアドレスを割り当てる!(Ubuntu 20.04)

OpenVPNで固定のIPアドレスを割り当てます!

OpenVPNサーバのserver.confの設定を変更する!

OpenVPNサーバのserver.confの設定を変更します。

# vi /etc/openvpn/server.conf
...
client-config-dir ccd

OpenVPNクライアントに割り当てるIPアドレスを設定する!

OpenVPNクライアントに割り当てるIPアドレスを設定します。まず、server.confに指定したディレクトリを作成します。

# mkdir /etc/openvpn/ccd

VPNクライアントごとの設定ファイルを作成します。設定ファイルは、証明書を作成したときのクライアント識別名で作成します。ここでポイントは、4IP離しながら割り当てます。0〜3は使用できません。次の4個を使用する場合は、4と7は使用できず、5がサーバ用で6がクライアント用です。以下は、次の8〜11を使用する例になります。10がサーバ用で、9がクライアント用です。OpenVPNでは、サーバとクライアントでP2P接続するため、このような割り当て方になります。

# vi /etc/openvpn/ccd/client1
ifconfig-push 10.8.0.10 10.8.0.9

OpenVPNサーバのサービスを再起動する!

OpenVPNサーバのサービスを再起動します。すると、接続中のOpenVPNについても固定で割り当てたIPアドレスに変更されます。

# systemctl restart openvpn@server

おわりに

OpenVPNでは、クライアントのIPを固定することができますが、IPの割り当て方に注意が必要です。