RHEL 8でdnfコマンドでRPMのダウンロードのみを行う!

RHEL 8でdnfコマンドを使用して、RPMパッケージのダウンロードのみを行う方法です。

パッケージのダウンロードを行った後にインストールする!

パッケージのダウンロードを行った後にインストールする方法です。

インストールするパッケージのダウンロードのみを行う!

インストールするダウンロードのみを行うコマンドです。「--downloadonly」オプションとダウンロード先のディレクトリを指定する「--destdir」あるいは「--downloaddir」オプションを使用します。ダウンロード先を指定しない場合は、/var/cache/dnf内の一時的なディレクトリに保存されますが、わかりにくい状況になるため、通常は指定します。

# dnf install --downloadonly --destdir /root/rpms <パッケージ名>

ダウンロードしたパッケージからインストールを行う!

ダウンロードしたパッケージからインストールを行います。rpmファイルは、ワイルドカード等を使用してインストールするrpmファイルを全て指定します。

# dnf localinstall <rpmファイル>

パッケージのダウンロードを行った後にアップデートする!

パッケージのダウンロードを行った後にアップデートする方法です。

アップデートするパッケージのダウンロードのみを行う!

アップデートするパッケージのダウンロードのみを行うコマンドです。オプションは、インストールの場合と同じです。

# dnf update --downloadonly --destdir /root/rpms <パッケージ名>

OS全体をアップデートする場合は、パッケージ名の指定なしで実行します。

# dnf update --downloadonly --destdir /root/rpms

ダウンロードしたパッケージからアップデートを行う!

ダウンロードしたパッケージからアップデートを行います。rpmファイルは、ワイルドカード等を使用してインストールするrpmファイルを全て指定します。

# dnf localupdate <rpmファイル>

おわりに

dnfコマンドを使用して、パッケージのダウンロードのみを行い、インターネットに接続していないサーバのパッケージのインストールやアップデートを行うため使用することができます。