Ubuntuでパーティションのマウント設定を行う!

ubuntuでパーティションのマウント設定を行います。

使用した環境

  • Ubuntu 18.04.03 LTS Desktop

パーティションのマウント設定

認識可能なパーティションを自動的にマウントする方法です。ポイントは、パーティションをUUIDで指定することです。パーティションが外部ストレージで、外部ストレージを接続していなくてもOSを起動したい場合は、マウントオプションに"nofail"を指定します。以下のコマンドで、パーティション情報をリストし、デバイス(/dev/sdXY)を特定します。以下は、「/dev/sda3」を「/home/admin001/ext」にマウントする例になります。

$ sudo fdisk -l
...
Device     Boot     Start       End   Sectors  Size Id Type
/dev/sda1  *         2048 204802047 204800000 97.7G 83 Linux
/dev/sda2       204802048 409602829 204800782 97.7G 83 Linux
/dev/sda3       409604096 500117503  90513408 43.2G 83 Linux
...

以下のコマンドで、UUIDを確認します。

$ sudo blkid /dev/sda3
/dev/sda3: UUID="56c4f637-370f-4b63-be27-30e3e826497e" TYPE="ext4" PARTUUID="c45d00db-03"

/etc/fstabを編集します。

$ sudo vi /etc/fstab
UUID=56c4f637-370f-4b63-be27-30e3e826497e /home/admin001/ext      ext4    defaults              0       0

マウントポイントを作成して、マウントします。

$ mkdir /home/admin001/ext
$ sudo mount /home/admin001/ext
$ df -k | grep /home/sysadm001/ext
/dev/sda3       44284360   53116  41952028   1% /home/admin001/ext

rootユーザでマウントされるので、必要な場合はディレクトリのオーナをchownコマンドで変更します。

$ sudo chown admin001:admin001 /home/admin001/ext

おわりに

ubuntuでパーティションをマウントする方法をまとめました。

関連記事