CentOS 8にDb2(V11.5)をインストールする!

CentOS 8にDB2(V11.5)をインストールします。

使用環境

  • CentOS 8 (Server with GUI)
  • Db2 V11.5

Db2 V11.5のダンロード

IBMのホームページから、IBM IDを使用して、Db2 V11.5 Linux (AMD64)のモジュールをダウンロードします。

インストール情報

インストールに必要な情報をまとめておきます。

No Name Value Comments
01 Install User root
02 FILE /opt/ibm/db2/V11.5
03 INSTALL_TYPE TYPICAL
04 LANG JP
05 db2iadm1: Group ID 2001
06 db2fsdm1: Group ID 2002
07 db2inst1: User ID 2001
08 db2fenc1: User ID 2002
09 Port Number 50000 Default

rootユーザにスイッチ

非rootユーザでのインストールは制限も多いので、rootユーザにスイッチしてインストールを行います。

$ sudo su -

Db2モジュールの展開

ダウンロードしたモジュールを配置(例:/root/Downloads)して、ダウンロードしたDb2のモジュールを展開します。

# cd /root/Downloads
# gunzip -c v11.5_linuxx64_dec.tar.gz  | tar -xvf-

サイレントインストール用の応答ファイルの作成

コマンドラインからインストールするので、展開したDb2のモジュールのディレクトリに移り、サイレントインストール用の応答ファイルを作成しておきます。

# cd /root/Downloads/server_dec
# vi db2server.rsp
PROD          = DB2_SERVER_EDITION
FILE          = /opt/ibm/db2/V11.5
LIC_AGREEMENT = ACCEPT
INSTALL_TYPE  = TYPICAL
LANG          = JP

Db2のサイレントインストール

作成したサイン連とインストール用の応答ファイルを使用して、Db2のインストールを行います。

# ./db2setup -r db2server.rsp
Requirement not matched for DB2 database "Server" . Version: "11.5.0.0". 

Summary of prerequisites that are not met on the current system: 

   DBT3514W  The db2prereqcheck utility failed to find the following 32-bit library file: "/lib/libpam.so*". 


DBT3514W  The db2prereqcheck utility failed to find the following 32-bit library file: "libstdc++.so.6". 


DBI1191I  db2setup is installing and configuring DB2 according to the
      response file provided. Please wait.


The execution completed with warnings.

For more information see the DB2 installation log at "/tmp/db2setup.log".

インストール状況の確認

インストールが完了したら、db2lsコマンドでインストール状況の確認を行います。

# db2ls

Install Path                       Level   Fix Pack   Special Install Number   Install Date                  Installer UID 
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
/opt/ibm/db2/V11.5               11.5.0.0        0                            Sun Dec 15 11:28:39 2019 EST             0 

CentOS 8のデフォルトのユーザおよびグループの確認

Db2用のユーザおよびグループ作成のため、AWS EC2のRHEL 8のデフォルトのユーザおよびグループを確認します。

# cat /etc/passwd
root:x:0:0:root:/root:/bin/bash
...
sysadm001:x:1000:1000:sysadm001:/home/sysadm001:/bin/bash
# cat /etc/group
root:x:0:
...
sysadm001:x:1000:

Db2用のユーザおよびグループの作成

Db2用のユーザおよびグループを作成します。ユーザIDおよびグループIDは、デフォルトのユーザおよびグループと重ならないようにします。

# groupadd -g 2001 db2iadm1
# groupadd -g 2002 db2fsdm1
# useradd -u 2001 -g db2iadm1 -m -d /home/db2inst1 db2inst1 
# useradd -u 2002 -g db2fsdm1 -m -d /home/db2fenc1 db2fenc1 
# passwd db2inst1
# passwd db2fenc1

インスタンスの作成

Db2のインスタンスを作成します。

# /opt/ibm/db2/V11.5/instance/db2icrt -s ese -u db2fenc1 db2inst1

Db2の起動と停止

Db2の起動と停止を行います。

# su - db2inst1
$ db2start
12/15/2019 11:47:12     0   0   SQL1063N  DB2START processing was successful.
SQL1063N  DB2START processing was successful.
$ db2stop
12/15/2019 11:47:23     0   0   SQL1064N  DB2STOP processing was successful.
SQL1064N  DB2STOP processing was successful.

インストール上の注意点

インストール上の注意点を整理しておきます。

  • インストール前に、/etc/hostsファイルが正しく設定されていることを確認します。(hostnameのエントリが正しく存在すること)

おわりに

CentOS 8にDb2のインストールを行い、インスタンスの作成まで行いました。以降は、DBの作成から開始することができます。