IBM Data Studioを使用してDb2に接続する!

IBM Data Studioを使用してDb2に接続すると、データベースの管理からSQLの実行までGUIで実行することができます。IBM Data Studioは、Windows版とLinux版が用意されています。

使用環境

  • IBM Data Studio 4.1.3
  • Db2 V11.5
  • Windows 10

IBM Data Studioのインストール

IBM Data StudioをIBMのホームページからダウンロードします。インストーラを実行するとウィザードに従い、以下の順でインストールを行います。

  • IBM Installation Manager
  • IBM Data Studio
  • 途中で選択するパッケージについてもデフォルトですべての機能が使用できます。(簡易製品オプションは選択不要)

    IBM Data Studioの起動とDB接続

    IBM Data Studioのインストールが完了したら、DB接続の設定を行います。

    接続が完了すれば、DBのオブジェクトを参照することができるようになります。

    DBの管理タスクの実行

    IBM Data Studioから様々な管理タスクを実行することができます。以下は、表を指定して右クリックをしたところですが、runstatsやreorgのメニューが表示されます。

    データの参照

    IBM Data Studioでは、DBの管理作業のみでなくデータの表示も行うことができます。

    おわりに

    IBM Data Studioを使用すれば、直感的なインターフェースで、DBの管理からSQLの実行までDBに対する操作を一通り行うことができます。