Db2(V11.5)で複数のインスタンスを起動する!

Db2において、複数のインスタンスを起動する方法をまとめます。

使用環境

  • CentOS 8.1 (Server with GUI)
  • Db2 V11.5

最初に決めること

複数インスタンスを立ち上げるためには、新規インスタンス用のユーザID、グループとポート番号が必要になります。あらかじめ決めておきましょう。最初のインスタンスポートはデフォルトで以下のとおりです。

$ grep -i db2inst  /etc/services
DB2_db2inst1	60000/tcp
DB2_db2inst1_1	60001/tcp
DB2_db2inst1_2	60002/tcp
DB2_db2inst1_3	60003/tcp
DB2_db2inst1_4	60004/tcp
DB2_db2inst1_END	60005/tcp
db2c_db2inst1	50000/tcp

インスタンス作成情報

インスタンス作成に必要な情報をまとめておきます。

No Name Value Comments
01 db2iadm2: Group ID 2011
02 db2fsdm2: Group ID 2012
03 db2inst2: User ID 2011
04 db2fenc2: User ID 2012
05 Port Number 50010

Db2用のユーザおよびグループの作成

rootユーザで、Db2用のユーザおよびグループを作成します。ユーザIDおよびグループIDは、作成済みのユーザおよびグループと重ならないようにします。

# su -
# groupadd -g 2011 db2iadm2
# groupadd -g 2012 db2fsdm2
# useradd -u 2011 -g db2iadm2 -m -d /home/db2inst2 db2inst2
# useradd -u 2012 -g db2fsdm2 -m -d /home/db2fenc2 db2fenc2
# passwd db2inst2
# passwd db2fenc2

インスタンスの作成

Db2のインスタンスを作成します。ポート番号は、最初のインスタンスの50000から少し離して、50010としています。

# /opt/ibm/db2/V11.5/instance/db2icrt -p 50010 -s ese -u db2fenc2 db2inst2

Db2の起動と停止

Db2の起動と停止ができることを確認します。

# su - db2inst2
$ db2start
$ db2stop

Db2で使用するポート番号の確認

Db2のインスタンスで使用するポート番号を確認します。

$ grep -i db2inst  /etc/services
DB2_db2inst1	60000/tcp
DB2_db2inst1_1	60001/tcp
DB2_db2inst1_2	60002/tcp
DB2_db2inst1_3	60003/tcp
DB2_db2inst1_4	60004/tcp
DB2_db2inst1_END	60005/tcp
db2c_db2inst1	50000/tcp
DB2_db2inst2	60006/tcp
DB2_db2inst2_1	60007/tcp
DB2_db2inst2_2	60008/tcp
DB2_db2inst2_3	60009/tcp
DB2_db2inst2_4	60010/tcp
DB2_db2inst2_END	60011/tcp
db2c_db2inst2	50010/tcp

おわりに

複数のインスタンスの作成い、インスタンスの起動と停止が行えることを確認しました。この後は、最初のインスタンスと同様に、DBの作成等を行っていきます。