Raspberry Pi OSをインストールする!(Ubuntu Desktop 20.04)

Ubuntu Destop 20.04で、Raspberry Pi OSをインストールします。Raspberry Pi OSをインストールする方法は、いくつかありますが本稿では、Raspberry Pi Managerを使用します。

Raspberry Pi Imagerをインストールする!

Ubuntu Destop 20.04にRaspberry Pi Managerをインストールします。Ubuntu Desktop 20.04では、snapのパッケージで提供されています。

$ sudo snap install rpi-imager
rpi-imager 1.6.2 from Alan Pope (popey) installed

OSをインストールするMicroSDカードを準備する!

OSをインストールするMicroSDカードをカードリーダに差します。

Raspberry Pi Imagerを起動する!

Raspberry Pi Managerを起動します。

$ pi-imager

Raspberry Pi Managerが起動すると以下の画面が表示されます。

インストールするOSを選択する!

「CHOOSE OS」ボタンをクリックして、Raspberry PiにインストールするOSを選択します。Raspberry Pi OS (32-bit) を選択しましょう。

インストール先のストレージを選択する!

「CHOOSE STORAGE」ボタンをクリックして、OSをインストールするストレージを選択します。データが入っているディスクを誤って選択しないように、OSインストール用のMicroSDカード以外の外部ストレージは外しておきましょう。

インストールを開始する!

「WRITE」ボタンをクリックして、OSのインストールを開始します。

インストールが正常終了したことを確認する!

以下の画面がでれば、OSのインストールは完了です。「CONTINUE」ボタンをクリック後、MicroSDカードをカードリーダから外します。

インストールしたOSからRaspberry Piを起動する!

OSをインストールしたMicroSDカードをRaspberry Piに差して、Raspberry Piを起動します。

Raspberry Pi OSの初期設定を行う!

OSの初回起動の際に、初期設定のウィザードが開始されるので、ウィザードに従ってOSの初期設定を行いましょう。

おわりに

Raspberry Pi OSのインストールは、Raspberry Pi Managerを使用すると、GUIで簡単にインストールを行うことができます。