Ubuntuでdebパッケージをdpkgコマンドで扱う!

Ubuntuでdpkgコマンドでdebパッケージを扱う方法をまとめます。

インストール済みのパッケージをリストする!

インストール済みのパッケージをリストします。

$ dpkg -l

パッケージをインストールする!

パッケージをインストールします。

$ sudo dpkg -i <debパッケージのファイル名>

パッケージを削除する!

パッケージを削除します。「-r」オプションでは設定ファイルの削除は行われません。

$ sudo dpkg -r <debパッケージ名>

設定ファイルを含めてパッケージを削除する場合は、「-P」オプションを使用します。

$ sudo dpkg -P <debパッケージ名>

インストール済みのパッケージの情報を表示する!

インストール済みのパッケージの情報を表示します。

$ sudo dpkg -s <debパッケージ名>

おわりに

debパッケージの管理は通常aptコマンドを使用しますが、個別のソフトウェアのインストールやパッケージの情報の表示で、dpkgコマンドを使用することがあります。