Ubuntu 18.04 LTS Desktopでaptコマンドでパッケージを管理

aptコマンドで、ソフトウェアパッケージを管理する方法をまとめます。Ubuntu 16.04までは、apt-get/apt-cacheコマンドを使用することが多かったと思います。Ubuntu 18.04 LTS Desktopでは、コマンド体系が整理されたaptコマンドを使用します。

使用した環境

  • Ubuntu 18.04 LTS Desktop (18.04.1)

パッケージ情報を最新化

パッケージ情報を最新化する場合は、以下のコマンドを使用します。このコマンドは、upgradeコマンドやsearchコマンドを使用する前に使用します。installコマンドでは、自動で実行されるため必要ありません。

$ sudo apt update

パッケージをすべてアップグレード

パッケージをすべてアップグレードする場合(不要なパッケージの削除は行わない)は、以下のコマンドを使用します。

$ sudo apt upgrade

パッケージをすべてアップグレードする場合(不要なパッケージの削除を含めて行う)は、以下のコマンドを使用します。

$ sudo apt full-upgrade

パッケージをインストール

パッケージをインストールする場合は、以下のコマンドを使用します。

$ sudo apt install <パッケージ名>

パッケージをアンインストール

パッケージをアンインストールする場合(設定ファイルは残す)は、以下のコマンドを使用します。

$ sudo apt remove <パッケージ名>

パッケージをアンインストールする場合(設定ファイルも含めて削除する)は、以下のコマンドを使用します。

$ sudo apt purge <パッケージ名>

不要なパッケージを自動アンインストール

パッケージを削除すると不要な依存パッケージが残ります。パッケージの依存関係をチェックして、不要なパッケージを削除するには、以下のコマンドを使用します。

$ sudo apt autoremove

パッケージの検索

パッケージの検索を行う場合は、以下のコマンドを使用します。

$ apt search <パッケージ名の一部>

パッケージ情報の表示

パッケージ情報の表示を行う場合は、以下のコマンドを使用します。

$ apt show <パッケージ名>

条件に合うパッケージ情報のリスト表示

条件に合うパッケージ情報のリスト表示を行うには、以下のコマンドを使用します。条件としては、「--installed」、「--upgradeable」、「-all-versions」が使用できます。

$ apt list <条件>

ソースリストを編集

sources.listを編集するには、以下のコマンドを使用します。vi等のエディタでも編集できますが、記述ミスがないか簡単なチェックをしてくれます。

$ sudo apt edit-sources

まとめ

apt-get関連のコマンドも便利でしたが、aptコマンドではさらに体系が整理されて、分かりやすくなったと思います。

次におすすめの記事

関連記事

スポンサーリンク