Ubuntu Desktop 16.04のインストールと初期設定を行う!

Ubuntu 16.04 LTS Desktopのインストールと初期設定を行います。

使用した環境

  • Ubuntu 16.04 LTS Desktop (16.04.5)
  • VirtualBox 5.2.10

Ubuntu 16.04 LTS Desktopのインストール情報

Ubuntu 16.04 LTS Desktopをインストールするための事前準備として、以下のインストール情報を決めておきます。以下は、ディスクをすべて消去してUbuntuをインストールする最も単純な場合の例です。必要なデータの入ったディスクにインストールしないように注意しましょう。データを消去しないようにインストールする場合は、「Installation Typeで、「Somthing else」を選択して、インストール先を選択します。「*」は選択、「-」は未選択の項目です。

カテゴリー(画面) 設定項目(選択項目) 設定値(例)
Welcome Language English
Preparing to install Ubuntu Download updates ... -
Install third-party ... -
Installation Type Erase disk ... *
[ ]Encrpt ... -
[ ]Use LVM ... -
Somthing else -
Where are you? Location Tokyo
Keyboard layout Japanese Japanese
Who are you? Your Name admin001
Your Computer's name virenv001
Pick a user name admin001
Choose a password ********

Ubuntu 16.04 LTS Desktopのインストール

インストール情報のカテゴリーの順に画面遷移するので、事前に決めたインストール情報に沿ってインストールします。以下に画面遷移を掲載します。
<Welcome>

<Preparing to install Ubuntu>

<Installation Type>


<Where are you?>

<Keyboard layout>

<Who are you?>

<インストール中の画面>

<インストール完了画面>

Ubuntu 16.04 LTS Desktopの初期設定

Ubuntu 16.04 LTS Desktopの初期設定を行います。

ネットワーク設定

初期設定には、ネットワーク接続が必要になるため、まずネットワークの設定を行います。有線LANでDHCPを使用する場合は、特に設定は必要ないでしょう。Wi-Fiの場合は、SSID等の設定を行ってインターネットに接続します。設定は、「System Settings」の「Network」で行います。

言語の設定

言語の設定を行います。「System Settings」の「Lungage Support」の設定画面を開くと、追加のインストールが促されるので画面に従ってインストールを行います。インストールが終わるとインストール時の設定から、日本語が自動的にインストールされているはずです。「Keyboad input method system」が、「IBus」であることを確認しておきましょう。個人的な趣味で、日付等の表示は英語にしてみました。インストール状態を反映させるため、ログオフしてログオンし直します。
<Lunguageタブ>

<Regional Formatsタブ>

テキスト入力の設定

「System Settings」の「Text Entry」でテキスト入力の設定を行います。「English」は、英語配列のキーボードに対応したテキスト入力です。混乱しやすいですが、「Japanese」は、日本語配列のキーボードに対応していますがローマ字入力のみです。「Japanese(Mozc)(IBus)」が目的のかな漢字変換のテキスト入力になるので、日本語入力のために追加します。同じ画面で、「Switch to next source using」で、テキスト入力を切り替えるキーの設定が行なえます。Windowsに慣れている場合は、「半角/全角」キーを割り当てるとよいでしょう。

ブートローダの更新(他のマシンでマルチブートを行う場合)

ブートローダのメニューは、自動でマルチブート可能なように構成されますが、他のマシンでマルチブートを行う場合は、手動で以下のコマンドを実行してメニューを再構成します。

$ sudo update-grub2

おわりに

Ubuntu 16.04 LTS Desktopのインストールと初期設定を行いました。本稿の設定を行えば、日本語を使用して、インストール済みのソフトウェアを使用することができます。

次におすすめの記事