Ubuntu 20.04 LTS Desktopの特徴をまとめる!

Ubuntu 20.04 LTS Desktopの特徴を、Ubuntu 18.04 LTS Desktopとの違いを中心にまとめます。

Ubuntu 20.04 LTS Desktopのインストール方法

インストール方法は、Ubuntu 18.04 LTS Desktopとほぼ変わりません。

採用されているデスクトップ

デフォルトで採用されているのデスクトップは、GNOMEでUbuntu 18.04 LTS Desktopから変更はありません。

デスクトップで使用する基本的なアプリケーション

デスクトップで使用する基本的なアプリケーションの種類とインストール状況をまとめます。

ブラウザ

Firefoxがデフォルトでインストールされています。バージョンは、Firefoxの機能で常に最新化されていきますので、Ubuntu 18.04 LTS Desktopと変わりません。

メール

Thunderbirdがデフォルトでインストールされています。バージョンは、Thunderbirdの機能で常に最新化されていきますので、Ubuntu 18.04 LTS Desktopと変わりません。

文書作成

LibreOfficeがインストールされています。バージョン6.4が利用可能です。

カーネルのバージョン

本稿執筆時点で、5.4が使用されています。Ubuntu 18.04 LTS Desktopでもバージョンアップされていきますので、バージョンは変わらないでしょう。

主要なパッケージのバージョン

主要なパッケージのバージョンをまとめます。

Pythonのバージョン

Python 3がインストールされています。本稿執筆時点で、バージョン3.8がインストールされています。

OpenSSLのバージョン

OpenSSLがインストールされています。本稿執筆時点で、バージョン1.1.1がインストールされています。

Gnupgのバージョン

Gnupg 2がインストールされています。本稿執筆時点で、バージョン2.2がインストールされています。

Javaのバージョン

Javaはデフォルトではインストールされません。デフォルトのJDKをインストールすると、バージョン11がインストールされます。

パッケージのインストール方法

aptコマンドと、snap形式のパッケージを扱うsnapコマンドが使用できます。

参考