Windows 10のHyper-VとNUMAの設定について整理する!

Windows 10のHyper-VとNUMAの設定について整理します。

Windows10のHyper-Vが動作するマシンのCPU構成について

Windows10のHyper-Vが動作するマシンのCPU構成は、Core iシリーズの場合、1プロセッサ構成になります。NUMAは複数CPUの構成の場合に考慮が必要になる事項のため、通常はチューニングの考慮外になります。

NUMAについて

NUMAは複数CPU構成の場合、メモリを各CPU用に分割して割り当てます。ただし、CPUをまたいでメモリを使用することも可能ですが、パフォーマンスが落ちることになります。このため、Hyper-Vでは、NUMAノード(CPU)をまたいでメモリを割り当てないようにして、パフォーマンスが落ちないようにする設定が存在します。

おわりに

通常のPCで、Core iシリーズ(Pentium、Cerelonも同様)を使用している場合は、MUMAの設定について考慮は不要です。