Windows 10のHyper-Vで仮想マシンのチェックポイント作成と適用を行う!

Windows 10のHyper-Vで仮想マシンのチェックポイント作成と適用を行います。ゲストオペレーティングシステムのインストール後や、パッケージのアップデート前後でチェックポイントを作成しておくと、何かトラブルがあった場合に、チェックポイントの状態に戻すことができて便利です。

チェックポイントを作成する!

チェックポイントの作成は、Hyper-Vマネージャで仮想マシンを右クリックし、「チェックポイント」を選択します。仮想マシンを選択すると、チェックポイントが表示されるようになります。

チェックポイントを適用する!

チェックポイントの状態に戻します。チェックポイントの状態に戻すには、Hyper-Vマネージャで戻したい状態のチェックポイントを右クリックし、「適用」を選択します。

おわりに

仮想マシンのチェックポイントは、変更分のディスク容量は使用しますが、簡単に作成することができます。トラブル時にゲストオペレーティングシステムのインストールから始めなくてすむので、大きな変更を行う前には取得するようにしましょう。