Windows 10のHyper-VでCentOS用の仮想マシンを作成する!

Windows 10のHyper-VでCentOS用の仮想マシンを作成します。

仮想マシンを作成する!

「CentOS」をインストールする想定で仮想マシンを作成します。

Hyper-Vマネージャを起動する!

「Hyper-Vマネージャ」を起動します。

Hyper-Vに接続する!

サーバを指定して、Hyper-Vに接続します。

仮想マシンのメニューを選択する!

接続したサーバを右クリックし、「新規>仮想マシン」のメニューを選択します。

「名前と場所」を設定する!

仮想マシンの名前と仮想マシンの格納先を指定します。

「世代」を設定する!

世代を選択します。CentOSの場合は、第2世代を選択します。

「メモリの割り当て」を設定する!

仮想マシンに割り当てるメモリサイズを指定します。デフォルトは、「1024 MB」なので「2048 MB」等、必要に応じて増やしましょう。「この仮想マシンに動的メモリを使用します。」のチェックを外します。

「ネットワークの構成」を設定する!

ネットワークの構成で「Default Switch」を選択します。

「仮想ハードディスクの接続」を設定する!

ディスクのサイズを指定します。

「インストールオプション」を選択する!

「後でオペレーティングシステムをインストールする」を選択して、「次へボタン」をクリックします。

「仮想マシンの新規作成ウィザード」を完了する!

設定内容を確認して、「完了」ボタンをクリックします。

OSのインストールを開始する!

OSのインストールを開始します。

「仮想マシンの設定」を選択する!

仮想マシンを右クリックし、「設定」を選択します。

「セキュリティ」の設定を行う!

セキュリティで、「セキュアブートを有効にする」のチェックをはずします。

「ブートメディア」の設定を行う!

SCSIコントローラで、DVDドライブを選択し、インストールメディアを選択します。

OSのインストールプロセスを開始する!

設定を完了します。仮想マシンを右クリックし、「起動」を選択すると、インストールメディアより仮想マシンが起動し、OSのインストールプロセスが開始されます。

おわりに

Windows 10のHyper-Vで仮想マシンを作成しました。

参考