Windows 10のHyper-Vへの物理マシンの移行(P2V)における注意点!(Windows 7/8/10)

Windows 7/8/10の物理マシンをWindows 10のHyper-Vに物理マシンを移行する方法と注意点を紹介します。

Disk2vhdを使用してHyper-Vに移行する!

Microsoftから提供されている「Disk2vhd」というツールを使用すると、Windows 7やWindows 10をオンラインで、VHDXファイルを生成することができます。生成されたVHDXファイルを使用して、仮想マシンを新規作成するだけで、Hyper-Vに移行(P2V:Pisical To Virtual)することができます。Disk2vhdは、以下のページからダウンロードできます。

WindowsをHyper-Vに等の仮想環境に移行する際の注意点!

物理マシンで稼働していたWindowsを仮想環境に移行する場合は、Hyper-Vに限らす、移行後にライセンスの再認証が必要になることに注意しましょう。DSP版のWindowsでは再認証が難しいようなので、移行する際はリテール版のWindowsでライセンスキーが確認できることを確認しておきましょう。

おわりに

ツールを使用すれば容易にP2Vをこなうことができますが、Windowsの場合はライセンスの再認証が必要になることに注意しましょう。