Windows 10のHyper-Vでサーバとして利用するための仮想スイッチを作成する!

Windows 10のHyper-Vでサーバとして利用するための仮想スイッチを作成します。

仮想スイッチマネージャを起動する!

Hyper-Vマネージャーで接続先のHyper-Vが起動しているサーバを右クリックし、「仮想スイッチマネージャ」を選択します。

外部と接続可能な仮想スイッチを作成する!

外部からHyper-Vの仮想マシンに接続可能とするため、外部と接続可能な仮想スイッチを作成します。

仮想スイッチの作成画面

仮想スイッチの作成画面で、「外部」を選択し、「仮想スイッチの作成」をクリックします。

仮想スイッチのプロパティ画面

仮想スイッチのプロパティ画面で、外部ネットワークが選択され、「管理オペレーティングシステムにこのネットワークアダプタの共有を許可する」にチェックが入っていることを確認して、「OK」ボタンをクリックします。

仮想マシンから作成した仮想スイッチを指定する!

仮想マシンから作成した仮想スイッチを指定します。仮想マシンの「設定」画面を表示し、「ネットワークアダプター」をクリックします。「ネットワークアダプター」の仮想スイッチの設定で作成した仮想スイッチを選択します。

外部ネットワークから疎通確認を行う!

他のマシンから仮想ホストに対して、pingおよび使用したいプロトコルでアクセスして、疎通確認を行います。

おわりに

仮想マシン作成後、外部ネットワークに接続可能な仮想スイッチを作成して、サーバとして使用できるように設定しました。

参考