Windows 10でHyper-Vを有効化する!

Windows 10でHyper-Vを有効化します。Hyper-Vを使用するためには、Pro以上のエディションを使用する必要があります。

PCがHyper-Vの要件を充足しているか確認する!

Hyper-Vを有効化するためには、以下の要件を充足している必要があります。

  • Windowsのエディション:Windows 10 Enterprise、Pro、Education
  • 第 2 レベルのアドレス変換 (SLAT) の 64 ビット プロセッサ
  • VM モニター モード拡張機能 (Intel CPU の VT-c) の CPU サポート
  • メモリ要件:4GB(最少)

以下のように、コマンドプロンプト(管理者権限)で、systeminfoコマンドを実行して確認することもできます。

C:\Users\sysadm00>systeminfo
...
Hyper-V の要件:         VM モニター モード拡張機能: はい
                        ファームウェアで仮想化が有効になっています: はい
                        第 2 レベルのアドレス変換: いいえ
                        データ実行防止が使用できます: はい
..

BIOSの設定を確認する!

PCのBIOSの設定で、以下の仮想化支援機能が有効になっていることを確認します。※BIOSによって若干表示が異なるかもしれません。

  • Intel(R) Virtualization Technology
  • Intel(R) VT-d Feature

Hyper-Vを有効化する!

Windows 10の設定画面から、Hyper-Vを有効化します。

スタートメニュー

スタートメニューを右クリックして「アプリと機能」を選択します。

関連設定

関連設定の「プログラムと機能」をクリックします。

プログラムと機能

「Windowsの機能の有効化あるいは無効化」をクリックします。

Windowsの機能の有効化あるいは無効化

Hyper-Vにチェックを入れて、「OK」ボタンをクリックします。Hyper-Vの機能の有効化が完了後、「今すぐ再起動」ボタンをクリックして、Windows 10を再起動します。

Hyper-Vを有効化されたことを確認する!

スタートメニューの「Windows管理ツール」に、「Hyper-Vクイック作成」、「Hyper-Vマネージャ」のメニューが表示されることを確認します。

コマンドラインでHyper-Vを有効化する!

以下のようにコマンドラインで、Hyper-Vを有効化することもできます。

C:\WINDOWS\system32>DISM /Online /Enable-Feature /All /FeatureName:Microsoft-Hyper-V

展開イメージのサービスと管理ツール
バージョン: 10.0.19041.572

イメージのバージョン: 10.0.19042.630

機能を有効にしています
[==========================100.0%==========================]
操作は正常に完了しました。
Windows を再起動してこの操作を完了してください。
今すぐコンピューターを再起動しますか? (Y/N)

おわりに

Windows 10の設定画面から、Hyper-Vの有効化を行いました。

参考