Windows 10のバックアップとリカバリ方法のまとめ

Windows 10において、Windows 10が起動しない等の重大な問題発生時の対応のための、バックアップとリカバリ方法についてまとめます。

Windows 10のバックアップとリカバリ方法の整理

Windows 10のバックアップとリカバリ方法としては、以下がありバックアップの取得内容と使用するケースを把握しておく必要があります。

  • Windows 10のシステムイメージの作成とシステム修復ディスクの作成
  • Windows 10の回復ドライブの作成
  • Windows 10のバックアップ
  • Windows 10のファイル履歴によるバックアップ

バックアップとリカバリに必要なドライブとメディア

本稿のバックアップを取得するため、少なくとも以下のドライブとメディアを準備しましょう。

  • システムおよびデータバックアップ用の物理ドライブ(大容量のHDDドライブがおすすめ)
  • システム修復ディスク用のDVD-RW
  • 回復ドライブ用のUSB(32GB以上)

Windows 10のシステムイメージの作成とシステム修復ディスクの作成

Windows 10の起動に失敗する等の問題に対処する際に使用するのが、Windows 10のシステムイメージとシステム修復ディスクです。Windows 10が起動に失敗する場合は、システム修復ディスクでシステム回復を試し、それでも回復しない場合はシステム修復ディスクを使用します。この場合、システムドライブ(通常Cドライブ)の内容がシステムイメージの内容で復旧されますが、システムイメージの作成以降に更新されたデータが復旧されないことに注意しましょう。データについては、Windows 10のデータバックアップの機能等で取得しておきます。

準備

システムイメージの作成とシステム修復ディスク作成のため、以下のドライブとメディアを準備します。

  • システムイメージの作成用のドライブ・・・空き容量のあるHDD等の物理的に別なドライブ
  • システム修復ディスクの作成用のメディア・・・DVD-RWがおすすめ

手順概要

コントロールパネルを開き、「システムとセキュリテイ」>「バックアップと復元(Windows 7)」とクリックし、「バックアップまたは復元」の画面を開きます。この画面で、「システム イメージの作成」、「システム修復ディスクの作成」を選択することで、それぞれ作成することができます。

Windows 10の回復ドライブの作成

Windows 10をシステムイメージからリカバリをしても起動しないなどの状況に陥った場合に、Windows 10を初期化するのに使用するのが回復ドライブです。

準備

システムイメージの作成とシステム修復ディスク作成のため、以下のメディアを準備します。

  • 回復ドライブ用のメディア・・・32GB以上のUSB推奨

手順概要

コントローブパネルの検索エリアに「回復ドライブ」と入力し、検索結果の「回復ドライブの作成」を選択すると、回復ドライブ作成のウィザードが開始されます。

Windows 10のバックアップ

システムイメージの作成では、最新のデータを復旧させることができず、初期化ではデータをシステムドライブと別なドライブに保管していない場合はデータが失われていまいます。Windows 10では、システムイメージとデータを含めてバックアップを取得する機能があり、これを利用すると便利です。

準備

バックアップのため、以下のドライブを準備します。システムイメージを含める場合は、システムイメージを取得したドライブを流用してもよいでしょう。ただし、取得済みのシステムイメージが上書きされることには注意します。世代を持たせたい場合は、更に別なドライブを用意しましょう。

  • バックアップ用のドライブ・・・バックアップ専用の物理的なドライブ

手順概要

コントロールパネルの画面を開き、「システムとセキュリテイ」>「バックアップと復元(Windows 7)」とクリックし、「バックアップまたは復元」の画面を開きます。この画面で、「今すぐバックアップ」をクリックするとバックアップのウィザートが開始されてバックアップを取得することができます。ウィザードでは、システムイメージを含める推奨設定と、個別にフォルダ等を設定するか選択することになります。また、週一回のバックアップが自動スケジュールされるので、バックアップのタイミングを確認しておきましょう。

Windows 10のファイル履歴によるバックアップ

ファイル履歴によるバックアップはデータバックアップで、Windows 10が起動しない場合等で使用するものではありませんが、重要なバックアップ手段なので紹介しておきます。ファイル歴によるバックアップでは、ユーザプロファイルに保管されているデータを1時間おき等、高い頻度でバックアップを取得することができます。ただし、バックアップを完全に保証するものではないので、大切なファイルは別途しっかり取っておく必要があります。

準備

ファイル履歴によるバックアップでも、システムドライブとは別の物理的なドライブが必要になります。上記のWindows 10のバックアップと同じドライブを使用することは可能です。

  • バックアップ用のドライブ・・・バックアップ専用の物理的なドライブ

手順概要

Windows 10の「設定」の「更新とセキュリティ」>「バックアップ」の画面で、「ファイル履歴を使用してバックアップ」のセクションで、「ファイルバックアップを自動的に実行」を「オン」にします。実際に取得できているかは、バックアップ先のドライブの「FileHistory」フォルダの中を確認してみましょう。

おわりに

パソコンを重要な仕事で使用する場合には、バックアップは必須です。Windows 10には便利なバックアップ機能が搭載されているので、問題発生時にも落ち着いて対処できるように日頃からバックアップを意識して作業するようにしましょう。

スポンサーリンク